2008年05月30日

【107号いろいろ研究室】facebookをやってみる その1

さてさて、SNSが飽和状態(?)の日本にも上陸しました
facebook。

welcome_3.gif

さっそく編集長も参加してみました。

facebookは、アメリカのカレッジ学生向けの小規模なSNSから
スタートし、今じゃ全米で1000万人くらいが会員らしいです。


既存のSNSとの最大の違いは
「実名で参加する」こと。


「えー実名なんて」と思うかもですが


・逆に実名なので相手がわかるので安心感が大きい
・スパムが減る(?)

などの特徴をウリに上陸してきました。
まぁ最近じゃmixiもわけわかんない奴とかイッパイいるもんね。


まだ始めたばかりなのですが、今後色々とレポートしていきたいと思います。


【関連リンク】

facebook(日本版)

【107号いろいろ研究室】結婚式でやりたい・やりたくない演出とは…

さてさて東京に来ております。
昨夜は、打ち合わせや色んな会合に追われてまったく
ネットにアクセスする時間がとれず、穴を開けてしまった。

またバシバシ更新していくんで、ヨロシク。


さっそくですが、
もうすぐジューンブライド(6月バカと書く:嘘)。
後輩のほりぺ君も先輩のオレを差し置いて、幸せな結婚を決めるなど
非常に結婚式も増えています。

そこで、
結婚式・披露宴で正直やめて欲しい演出ランキングと
結婚式・披露宴でやりたい演出ランキングを、本日は研究します。

060916チィ結婚1.jpg


●結婚式・披露宴で正直やめて欲しい演出ランキング


一位:新郎・新婦の派手な入場
ゴンドラで降りてくるなど

二位:新郎・新婦のカラオケ

三位:新郎胴上げ

四位:来賓の祝辞

五位:シェフの料理説明

六位:友人・親戚による余興

七位:芸人・マジシャンなどのパフォーマンス


八位:巨大クラッカー

九位:主賓の挨拶

十位:プロフィールビデオ


だそうです。

まぁ色々だとは思うのですが、
ホント、この手の演出ってセンスが問われますよね…

解説の前に

●結婚式・披露宴でやりたい演出ランキング


一位:歌や音楽の生演奏

二位:デザートビュッフェ

三位:お色直し

四位:ウェディングケーキカット/ファーストバイト

五位:各テーブルでの記念撮影

六位:キャンドルサービス

七位:ブーケトス

八位:フラワーシャワー

九位:花嫁から両親への手紙

十位:ウエルカムボード




ハイ。

どうでしょう?
ここから何が見えてくるでしょう。
まぁ諸説色々ありますし、そうは言ってもランキングなので
あくまで見方の一つだとは思うのですが、

先に107号研究室的な結論は

「結婚式の演出は、女子のためにある」

と言うところでしょうか?


やりたい演出を見ると

・新郎新婦と一緒に、
・結婚式ならではのキレイな気分を
・お花とか、デザートと一緒に楽しめる

とこでしょうか(強引)

DSC07286.jpg

結婚式で解説とか、宴会の余興的なものはいらないのです。
女の子は、髪型やメイク、ドレスなど結婚式には、いつも以上に
準備してきているはず。

花嫁が主役であると同時に、実は女子一人一人が主役でもあるのです。
とても素敵ですよね。

さすが「結婚式は最強の合コン」ですね(オイ)

あ、写真はイメージです。
コンボイ君達のです(ええ、演出をキチンと抑えてました。
さすがプロのプランナーの企画だけある。)

【幹事さんへの107号研究室からの諫言】
だから、いくら忙しくても
「宴会の余興的」な演出は極力さけて、
「女子の目がキラキラするような」演出を。


DSC07257.jpg

あと男性陣。
107号室メンバーには見られませんが、

・高い金払ってるからって、飲んで酔っ払う人
・居酒屋や宴会的なノリになる人
・キレイにしている女子にセクハラ言動を飛ばす人

ホントに恥ずかしいですよ。
見ていて、痛い。


せっかく女の子達が精一杯、綺麗にしてきているので
男性も気持ちだけでも、ロマンチックなムードに付き合うのが
スマートだと思うのですが、どうでしょう?



【幹事さんへの107号研究室からの諫言 その2】
招待客のノリのコントロールが大事。
酔っ払ったちょっとKYな男性陣はムード壊すと、止まらなくなります。
(あまり女性陣がムードを壊すことはなさそうなので)


というところでしょうか。


ちなみに、
一位の「歌などの生演奏」ライブですね。
結婚式向きな曲と、演出など多数用意してます。
実績もございます。
ぜひ107号室にお声かけください(笑)(結構マジ)




また研究を続けてみます。


●研究員募集!●

107号いろいろ研究室では、日常のちょっとオモローなネタを
「実際どうなのよ」と研究してきます。
最近は結婚式系がアツいです。研究員募集です。
活動は…テキトーです。
下手したら飲みの席です(笑)












2008年05月28日

【ニュース107特捜部】角川とYouTubeの提携。

2k1u7d00000234cb.jpg


角川は、マトモな考えを持っていた…
コンテンツの世界の、北風と太陽ってとこでしょうか。

というか、普通そうだよねって話。


角川がYouTubeと新ビジネスをスタート(Variety Japan)




今まで、YouTubeに自社のコンテンツが出たりしたら、
削除要請を行っていた。

でもこれって、結局いたちごっこで
削除したら、またアップの繰り返し。


なら、著作権者さえOKなら、広告つけて稼いじゃえと。
すごい安易に言いましたがそういうこと。

ってか、普通にそう考えるよね。
コピーコントロールとかやってる、
どっかのバカ会社(あえてそういいます)も
少し見習ってほしいですね。


ちなみにNHKさんも動き出しました。



まぁ広告収入を得られないNHKは、この点ツライ。

NHK、YouTubeで公式チャンネル試験公開 著作権保護ツールの実証実験も
(IT mediaニュース)



でもねー、違うんだよなー。著作権保護ツールというより、
いかに著作権侵害を侵害にしないで、利益をあげるかとかじゃないかな。

おそらく、そもそも著作権ってなんだろう?というのを
新しい時代に合わせて考えたほうがいいような気もする。

【どうでもいい話】携帯電話をレンジでチンすると…




こわっ(笑)!


※良い子はマネをしないように
posted by 107gou at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未定(整理中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース107特捜部】マルタン・マルジェラがパクリ!?

LA TIMESの記事にこんなモノが出てました


どうやら日本のファッションニュース系ブログなども、
ちょっとにぎわしています。


Martin Margiela horse tee carries $1,395 price tag
(Los Angels Times)


マルジェラの新作のTシャツが、
アメリカ人のアーティストDavid Penfound氏の作品を
描いたTシャツに酷似しているというのですわ。

んじゃ、さっそくその問題となった2つのシャツを



39165051.jpg

こっちがマルジェラ


39165026.jpg

こっちはPenfound氏の。



うーん。馬の部分は似ているような…
というか、北欧の様式美メタルバンドみたいなトーンって
どこでも、ある気がするけどな。


で!で!107号室的に、気になったポイントを。


【その1】報道してきたのがアメリカの新聞LA Times
【その2】マルジェラ$1395のシャツを買うなら、$20で売ってますと主張
【その3】今回問題になったのがマルジェラだということ

です。


まずマルジェラはベルギー人で、アントワープ出身のデザイナー。
実際にマルジェラの服を手にしたことがある方ならわかると思うのですが、
「なんで、こんな服がこれだけ高いの!?」って一瞬思ってしまう、一見地味なつくりです。

でも非常にディテールに凝っていて、外にアピールするためのわかりやすい装飾ではなく、
服そのものの価値を高めるような、ある種「通」な服が多いです。
(個人的印象ではありますが。)

それをマルジェラというデザイナーと対極にあるLAの新聞が取り上げたこと。
そして、それを柄が似ているからと、原宿の竹下通りにでも売ってそうな
カスTシャツの$20で買えると報道したことは、
ある意味ファッションへの冒涜だな〜って思っちゃいます。
柄だけがファッションじゃねーぞ!って★
(ユーモアもあると思うので、別にそんな目くじらたてるほどでもないのですが)


日本を代表するあるコピーライターの方が
「インターネットやグローバル化で、昔に比べて、
情報に対して各個人に、ある程度共通認識や、
感じている印象というものができあがっている」
ようなことがおっしゃっていました。

Penfound氏のような北欧メタルみたいなイラストは世の中にあふれているし、
結果的に、この作品をどこかで目にしてしまうこともあったでしょう。

日々のちょっとした記憶の断片から、クリエイティブが生み出される…
と、無意識にうちにパクリが生じてしまうこともある。

そんな怖さを感じてしまいました。


まぁ個人的には、
「マルジェラほどのデザイナーにパクってもらえるなら光栄」
くらいの余裕を見せてくれた方がカッコイイと思うけどなー。

別にそんな実害無いと思うし。


【関連リンク】

マルタン・マルジェラ(wikipedia)


Martin Margiela horse tee carries $1,395 price tag
(Los Angels Times)

2008年05月27日

【クリエイティ部】今度は、ベンディングマシーンレッド!?


今日コメント欄見たら、
ハジケルジャクソン氏のコメントをいただいてビックリな
編集長です。コカコーラの広報担当者の方(それともマッキャン?)
同じ業界として、恐れ入りますwww。


それはともかく、自分のmixiに同時刻に
こんな方に足跡を残していただけましたwww



11751291_3886484700.jpg

ベンディングマシンレッドだそうです。
今度はなんだ!?


わりとハジケルジャクソンと似ていて、
YouTubeであちこちバズマーケティングな感じですね。

広告主は、やっぱりコカ・コーラさんでした。

で、オレ的にツボだったのが、
CNET JAPANさんの記事。

コチラ


ん、普通の記事?
いえいえ、ずーっと下まで見てください。











redcomment.jpg






「!」





コメント返してる(爆)。
ゆるーい感じのノリで(笑)

この辺のネタの徹底度が、これまでのキャラクターと違うのかもね。
着ぐるみのミッキーマウスとは違うコミュニケーションの温度感だよね。
消費者とのコミュニケーションを設計するのに、
前みたいに、全体に発信しているのではなく、個人個人とつながる感じで発信する。
なんというか、妙な人間くささとか、ツッコミ入る感じが大事なのかもね。

ちょっと違うかもだけど、
今、名古屋で大人気の、中日ドラゴンズのマスコット、「ドアラ」もそうだし。
(とうとうDJドアラとしてデビューするらしいし)


※今度は、ベンディングマシンレッドからコメントくるかな?



【関連リンク】


ベンディングマシン放送局

2008年05月26日

★☆編集部よりお知らせ☆★ 5/31(土) GO EXHIBITION @渋谷

はい、今週は木曜から東京にいます編集長でございます。
こちらに顔を出すつもりです。

まりおの紹介の、個展です。
行ける方は遊びにいきましょう♪
ちなみに土曜は、コレと別に、
ある事情があって、大事なサプライズの集まりがあります

107号室関係者(?)は連絡するから、予定空けといてね


では、詳細です。


image1.jpg

GO EXHIBITION “南米の地下帝国” opening reception

入場料 :¥1500 w/ 1D
場   所 :saloon et salon DERORI
(渋谷駅より徒歩5分、メトロ通り沿い)

map(クリックすると飛びます)

map_derori.jpg

〜菅田剛  Go Sugata〜
略歴
1976年 仙台生まれ
2002年 東京藝術大学大学院美術
     研究科修士課程修了
個展
2001年 Bar吾(東京)
2003年3月アートギャラリー環にて開催予定
グループ展
1999年 「OGOHO」展 東京藝術大学
      学生会館(東京)
2000年 「第39回日本現代美術」展
2001年 「三浦美術館大賞」展
その他の活動
1998年 チェロ・コンサート「セロ弾きのゴーシュ」
      の為の舞台背景画制作
      サントリーホール(東京)
2002年 壁画制作 Tera(東京)



かつて南米には、地下の秘密社会があったのをご存知だろうか。
それは、神の街テオティワカンの2つの太陽の伝説からはじまる。

そのマヤ人の伝説によると、神々はそれまでに4回世界を創造したが、
いずれも災害によって滅んでしまった。
再び世界を創造する為にテオティワカンに神々は集まるが、
太陽を創造するには神が炎に身を捧げなければならない。 
そこで2人の神が候補になり、それぞれ太陽の丘・月の丘で
身を清め、火に飛び込み太陽となる。
しかし困った事に、 昼には2つの太陽が輝き、夜は全くの闇になってしまう。
残った神々は闇を照らそうと、太陽となった片方の神にウサギを投げつけた。そ
のウサギが顔にあたった神は、顔にウサギ模様をつけたまま夜の闇をやさしく照らす月となった。
こうして無事、 昼と夜の世界ができたかに思われたが、
太陽も月も一向にうごく気配がない 太陽となった他方の神は、
自分に血が捧げられるまで動かな
いと言う。こうしてマヤでは、毎日人間の心臓と血が
生け贄として捧げられる儀式が、神が身を清めた丘のピラミッドの地下で行われたと言う。 

そこに現在も残される、儀式の痕跡・多くの壁画・未だ解読されない表音文字の数々。
これらにたくされた様々な不思議を込めた、“南米の地下帝国” と名付けられた
今回の作品には、純粋で動かす事のできない信念をもったまま、
更新されていく記憶や欲の断片が、様々な形で訴えかけてくるだろう。
それを生身の菅田 剛とぜひ比べてみてほしい。
当日は楽しい音楽とともにお待ちしております。ぜひお誘い合わせの上お越し下さい。


GO EXHIBITION “Underground Empire in Mesoamerica”
opening reception




There  used to be  the underground society in Mesoamerica.
It originated in the myth of the two suns in Pre-Hispanic City of Teotihuacan
which handed down between the Maya.

According  to the myth, Mayan gods had created the world four times 
but  each world was ruined  by disasters. Then  they  gathered to
create a new world again. First of all, they decided to create the sun.
It was necessary that the god dedicate to his body in the flame to
create the sun,   so that two gods became candidates 
and each god purified himself in the hill of the sun and
the hill of the moon. They jumped into the flame and became the two suns.
The trouble is that two suns shine in daytime and
it becomes the completely dark at night.
The rest of gods threw a rabbit at one of the
suns on purpose to shine at night.
The rabbit hit his face and he became a moon with a rabbit mark.
It seemed alright, but the sun and
the moon didn’t work because the sun said he didn’t move without sacrifice.
Thus, in era of Mayan the ritual
which human heart and blood were dedicated as a sacrifice
had held everyday around the pyramid in the
hills where the gods purified themselves.

There are many signs of ritual, wall paintings
and a lot of phonography which has not deciphered yet in Teotihuacan.
This exhibition named “under ground empire in Mesoamerica”
entrusted these various mysteries. 
Each work will show the fragment of updating memories
and desire keeping a pure belief that cannot moved. 
Please compare such feeling with living Go Sugata.

See you at the party!


【関連リンク】

saloon et salon デロリ

【クリエイティ部】ただいま日本縦断中。ハジケル・ジャクソン

shigekii.jpg


ハジケル・ジャクソン。
そんな名前のキャラクターが今話題です。

何のキャラ?というと、
まずコチラを見てください。



え?何なの?って感じだと思うのですが、
新スプライトのプロモーションの一環で、
コカコーラと、外資系大手広告代理店のマッキャン・エリクソンが
仕掛けているバズ・マーケティングです。

このYouTubeは、バイラルムービーとして
バラまかれているんです。


なんと、このハジケル・ジャクソン
mixiにもいるそうです(笑)。

もうマイミクが1100人を越えて、
おもしろいのがコメントにちゃんと返信してるそうです(爆)。


で、今このハジケル・ジャクソン君、
日本横断中だそうです。
キャンペーンですね。


それにしても日経さんでも書いてたけど、
よくコカコーラがこんなのOKしたなぁ〜って感じですね。

いーなーこういうの楽しいよね〜。
こういうの提案しようと思ったのにやられてしまった…


【関連リンク】


ハジケル・ジャクソン 90日間日本横断の旅

新スプライトはハジけるか?(NBonline)



2008年05月25日

【夜カフェ・夜メシ・夜アソビ】YELLOW LAST WEEK!!!

yellow.bmp

いやー西麻布の老舗クラブYELLOWの閉店も
いよいよ近づいてきました。


オイラはそんなにYELLOWと縁が深かったわけではないですが、
それでも遊びに行ったパーティーはいずれも印象深いものばかりでしたね。



そんなYELLOWのファイナルまでのスケジュールが出ました!

ココが見やすいです(CYBERJAPAN)

ローランガルニエや、フランソワKなど
YELLOWに縁の深いDJも数々来日しますね。
さすが、世界クラブランキングに入っただけある。

顔出せるかな〜行ってみたいけど、混むかな〜。


それにしても、ここ3〜4年で東京の夜アソビも
どんどん変化しています。
自分が遊んでた場所もどんどん消えていったり…

別に夜遊びを全面的に肯定するのではないんですが、
特に東京の夜って、すごく魅力的だと思うんですよね。


東京で、夜カフェでお茶したり、
色んなものを食べに行ったり、
クラブで遊んだり、街を徘徊するだけでもいい。
別に特別なことをしなくても、普通に遊びに行く。

でもそういうのって案外大事だな〜って思います。
そこから出会う人もすごく貴重な出会いだし、
そこで得た刺激は仕事にだって、役出つリソースだし、
初めてそういうのに触れた時のドキドキとかだって、
忘れられないものです。

まぁ107号室的には、そんな体験や出会った人を大事にしたい。
そういう思いで、【夜カフェ・夜メシ・夜アソビ】のコーナーやってます。

今後どういう夜アソビが増えるか
また期待しましょう。

【関連リンク】

YELLOW

2008年05月24日

【107号いろいろ研究室】女性ファッション誌分類から見るターゲット分析。

なんて堅いタイトルをつけましたが、
本日の研究は「自分は何系なんだろう?」を雑誌から読み取ります。

女性ファッション誌って、よく「赤文字系(CamCan、ViVi)」
とか、カテゴライズに使われますよね。

とりあえずこんなのを見つけました。

8F9790AB8E8F837D83b83s839383O2007.jpg


(出典:Elasticさんより
※勝手にゴメンナサイ。でも大好きなブログなんで。



さーて、みなさんはどこに属するでしょうか?
または、男性陣なら自分の彼女・好みのタイプはどこでしょうか?


「んなの、雑誌だけじゃわかんねーよ」
って男性の方。

ここでまず自分のファッション誌診断してみてください。

ファッションの系統診断

(※女性陣は自分のカレとか、
オトコの子だったらこうならいいな、って
思い浮かべながらやってみてください)


んで、さっそくこのマッピングとその他分析を元に
107号室的にはどの辺が近いのか色々研究してみました。


InRed、Spur、FUDGEあたりのセンスが、
107号室と近いんじゃないか?と
勝手に思っています。


イメージとして
「20代前半までは、ストリート系に興味を持って、
かなりカジュアルめ、普通にBEAMSとかで買い物したりもアリだった。
エリア的には原宿。
でも社会人になって、20代後半になると
エレガントなオトナの女っぽさもほしくなってきた。
もともと、オシャレには興味があるので、今更
ベタなモテ系OL風には抵抗がある(友達には普通にいるけど)
でも昔より「オンナ度」アップ中。」

ってとこでしょうか(実に身勝手な推測ですいません)

テーマは

『ストリート→エレガント』
『他人視線(モテ志向)より、自分スタイルを大事にする』
です。


やっぱり普通に原宿・代官山とか、そういうとこで買い物してた子と
そうじゃなくデパートで買い物してた子は、
ストリート感みたいのが明らかに違う。

んじゃ、ストリート感ってなんだろう?


それは
「街で自然発生した、等身大のスタイル」かな〜。

どうでしょうね?

でも107号室では、ストリート感を持ちながらも
エレガントな女性を応援します(って誰?)


ちなみに男性陣はコレ。

8381839383Y83t834083b83V83878393.jpg

うーんますますどうなんでしょう?って感じですが。

【オマケ】
ちなみに、編集長のメンズ診断の結果です

↓  ↓   ↓

■あなたは「真・藤原ヒロシ系(大人になった裏原系)」です


【ファッションの傾向】

WEBサイトのハニカム系、ハイファッション+ストリート

【オススメ雑誌】

◎HUGE
○Smart max
△MEN'S NON-NO

【相性がいい女性のファッションの系統】

◎大人系おしゃれっ子 - In Red、springなど
○ガーリッシュなモード系 - SPUR、GINZAなど
△きれいなお姉さま系 - MORE、withなど

でした。
藤原ヒロシってなんか抵抗がある(笑)

でも妙にチェックしてた雑誌とか女性誌も、納得感ある…

以上、研究レポートでした★

2008年05月23日

【夜カフェ・夜メシ・夜アソビ】Amber(渋谷)〜渋谷で肉じゃがとか食べられるオシャレ店〜

さってと。
気がついたのですが、最近お店の開拓が減ってきました。

なんというかオトナになるにつれて

●内装ばかりチャラチャラしてて、なんかちゃんと料理に気合入ってない店×

●揚げ物とかばっかりより、もっと「普通においしいモノ」を探してしまう

●酒のつまみに、魚系を取り入れる割合が増えた

などなど。

オッサン化してるんですかね?


そんな中、渋谷のど真ん中で
「家庭の食卓」的なゴハンが食べられるお店の紹介です。


amber.bmp



女性オーナーが経営しているこじんまりとしたお店。
一見、オシャレカフェ風なんですがメニューは
とてもアットホーム。

出し巻きとか、肉じゃがとか、
焼き魚とか。
女性オーナー(良い人です)
の性格がわかる丁寧な料理がグッド。

tamgo.bmp

個人的にオススメは、
「旬のお魚の西京焼き」と「お刺身サラダ」が
まちがいないです。


女の子とゴハン食べるのに、
オシャレなとこには行きたいけど、
ちゃんとゴハンも食べたい。

そんな時にいいかもですね。

お店の雰囲気もイスとかカフェ風でいいです。

ただ、弱点は店が小さいのですぐ混むのと、
小さいので混んでる感じで、意外と落ち着けないかも。

なので、2〜3回目のデートなんかで
変に背伸びしないところを見せたいならオススメ。

デートの買い物で足も疲れた…
そんな女の子を歩かせないためにも、
あえて渋谷のど真ん中に、
こんな隠れたステキなお店を知ってるのも良いですよ。


【関連リンク】

amber(ぐるなび)



【107号室的エンタメ】ホントにラッパー?カニエのブログ。

blogHeader.gif


最近はMySpaceなど海外のアーティストや有名人も
多くブログをつけています。

まぁMySpaceとかにアップされるブログって大体
「YO!ワッサップ!?ファンのみんな元気!?」的な
ものが多いのです。


さて、今じゃトップアーティストのカニエ・ウエスト。

この人のブログ、毎日写真などを投稿しているのですが、
例えばこんなの。

kanye.bmp



・・・。

なにこれ?


他にも、ひたすらデザイナー家電や
オシャレ建築物の写真などをアップしてます。

なんだかラッパーっぽくない。


そんなコネタでした(笑)


【関連リンク】

KanyeWestBlog









posted by 107gou at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未定(整理中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【107号室的エンタメ】NIKE発、セスク・ファブレガス君の火の玉サッカー

ちょっとびっくり。

NIKEってこんな番組作ってるんですね。

NIKEFOOTBALL "THE CESC FABREGAS SHOW"


で、そのプロモーション用の
バイラルムービーが落ちていたので。
結構すごいよ。






これって軽く少林サッカーの世界じゃないですか(笑)。

何よりも注目なのが、
この火の玉サッカーをやるのが、
売り出し中のお笑い芸人…じゃなくて、
世界的サッカープレイヤーであるセスク・ファブレガスであるってこと。

スペインの至宝 セスクについては…
コチラ


お前、そこまでやるか…若いってすごい(笑)

こういうの107号室でもやりたいですね。
(誰が燃えるんだろう…)
posted by 107gou at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未定(整理中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

【107号音楽室】もはやB系でもない!?進化するR&Bとヒップホップin アメリカ

これから毎週テーマを決めて音楽特集もがんばります。
さっそく第一回は、女子必見!の、オトコのR&B特集。


まず第一発目は、Ne-Yoの対抗馬大本命!といわれる
Sean Garrettです。


●Gripping On My Head / Sean Garrett






このショーンギャレット。デビュー新人ですが、
実は裏方ソングライターとして大活躍のベテラン。

"Yeah!" Usher
"Run It" Chris Brown
など全米ナンバーワンソングを書いた人なんですね〜。
彼の特徴的なところは、
ファレルなどの音楽プロデューサーと違い、
「これがオレ風の音だぜ!」みたいのを押し付けてこないところ(らしい)

アーティストと一緒になってコミュニケートしながら、
曲を作っていくスタイルらしいです。

たぶんこれからの時代のクリエイティブのスタンスに近いのではないでしょうか?
これからは個人のスタイルをそのまま投影するクリエイティブは不可能だと思います。
むしろ、他人に自分のスタイルをぶつけるのではなく、
他人とのコミュニケーションから、引き出すクリエイティブ。
時に予想外のところに行くかもですが、その中に個々のクリエイターの
「スタイル」が出てくるんじゃないかな〜と。
(風とロックの箭内道彦さんの言うところの「クリエイティブ合気道」ですかね)


さて、いきなり熱く語ってしまった(汗)
では次を…

●Closer / Ne-Yo



お次はニーヨ。
もう定番と化しましたね…
あ〜ニューヨークでSo Sickなんかを聴きながら、トボトボ歩いたことを
思い出します〜(ってかありえないね。そのBGM)

どうやら、ストリート風ファッションのR&Bシンガーが多い!と
ニーヨは、スーツでジェントルマン風のソウルミュージックを志向しているそうです。
R&Bの発展はストリートから、今度はまた伝統のモータウン回帰か?

相変わらず良い曲書きますね、この青年は。



●Shawty Is A 10 / The Dream feat. Fabolous




去年のビッグヒットだった、
リアーナの"Umbrella"や、J.Holidayの"Bed"などを書いた
ソングライター。今じゃ、かなりの売れっ子らしいです。
特徴として、
「エラッ!エラッ!」とか「ウン、ベベッ」
みたいなフェイクともつかない掛け声がクセになって覚えてしまう。
微妙に原始的ですが、本人は確信犯だそうです。
某雑誌によると、
アメリカでもリングトーン(着メロですな)の
ダウンロード数のチャートへの影響が大きく、
昔に比べて、
「すぐ聴いて、おっと反応できるフック」を
書けるアーティストが売れるそうです。
まさにコイツ。


オシャレぶったPVですが、ブサイクなのが致命傷(笑)。

このファボラスというラッパー。
こういうR&Bとのセットにしょっちゅうフィーチャリングされて
出てきますね。一応、ギャングスタなストリート出身ってことですが、
オレ的にはかなーり怪しい(笑)。やけにメジャーなとこに出てくる。

きっとレコード会社の「ギャンスタラッパー枠」じゃないの(笑)?



●It's Me Bitches(remix) / Swizz Beatz feat. Lil'wayne & R.Kelly




すっげーかっこいい曲。テンション一気にうなぎのぼりっす。
90年代にラフライダーズとして、トライトンというシンセを使ったバキバキサウンドで、
チャートを席巻して、一時代を築いたプロデューサーSwizz Beatz。
没落したかと思ったら、最近また復活してきました。
何よりも注目は、Rケリー。
ヒップホップの激しいトラックに上手に歌をのっけている。
日本でこれくらいの幅広い歌を歌える人はいるかなぁ〜。
やっぱりR.Kellyは尊敬です(ド変態ですが)。


●Lollipop / Lil'Wayne


マドンナの新曲をひきずりおろして、チャート一位に輝いた
リル・ウェインの新曲。
このラッパー、日本じゃイマイチ認知度が低いですが、
これがメジャーデビュー。
と言っても、向こうではチャートにバンバン送り込んでいたので有名です。

どうやら、「生きている中では、もっとも偉大なラッパー」になったそうです。
この曲も実は前述のSean Garrettが書いたそうです。
ちなみにラッパーなのに歌える人ですね、この人。
どうやら、来年あたりにR&Bアルバムを出すとか(!)

おそらく今後、ラッパーとシンガーの垣根を飛び越える人が増えるとみた。
アメリカのトレンドは完全にそっちです。



とりあえず、ヒップホップ系になりましたが、
エレクトロニカのアーティストのトラックの上でラップする奴が
出てきたりと、アメリカのヒップホップ、R&Bは
「なんでこんなのがチャートの上にいるの?」ってくらい
音作りもマニアックでカッコヨスです。
昔風のロックンロールに回帰している傾向のあるロックに比べて、
マジで進化しまくってます!

ちょっと耳を変えて、聴いてみてほしいな〜。

posted by 107gou at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未定(整理中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【クリエイティ部】ステキなヴィンテージファッションfrom NYC

ヴィンテージテイストがステキです。
って言いたいだけです(笑)。


で、マジ自分のツボな
ニューヨークのステキなブランドを紹介。


●Jovovich-Hawk(ジョヴォヴィッチ・ホーク)

ブランド名見たら、想像できるとおり
ミラ・ジョヴォヴィッチと元モデルのカルメン・ホークが
立ち上げた、「本気」のブランドです。
まぁ二人とも元はファッション界の人。
芸能界の人が立ち上げたブランドとは一味違う、ヴィンテージテイストが
ステキです。


jovovic.jpg

ヨーロッパっぽい雰囲気も持ちあせているところが、
多国籍で色んなカルチャーがミックスするニューヨークっぽいのでは
ないでしょうか。

セクシーなのに、ドライな雰囲気が良いです。






●Trovata

ようわからんのですが、イラストレーターや雑誌の編集者などを
やっている男性4人組が立ち上げたブランドだそうです。

まだ商品は手にとって見たことがないのですが、
写真などの、とにかく全体的なテイストが超いい!

なんというか、どこか懐かしさすらある雰囲気とか、
とにかく写真が編集長、個人的にツボです。
(こんな雰囲気のファッションの女性大好きです←超私的)

どうやら、デザイナー4人はみんなサーファーらしく、
その辺の影響もあるかもしれませんね。

trovata1.jpg


trovata2.jpg


ウェブサイトや、コレクションを見るサイトなども
なんというか手作り感があって、そこがまた良ろし。
どっかバーニーズあたりで売ってないかな?



【関連リンク】


jovovich-hawk

torovata

【クリエイティ部】ベンジーの個展

さて、六本木けやき坂下のZEL CAFÉ/GALLERYにて、
元ブランキーのベンジーこと浅井健一の個展やってるみたいですね。

いーなー行ってみたい☆

写真見たんですが、コレ
ベンジーの部屋。
1211207494_photo.jpg



いい感じだ〜。

もともと、音楽以上にブランキーのジャケットとかの
アートディレクションっていいな〜って昔から思ってました。

興味ある方はぜひ!


【関連リンク】

浅井健一さんがアート展−「ベンジー部屋」や「サリンジャー号」も(六本木経済新聞)


ZEL CAFÉ/GALLERY



2008年05月21日

【夜カフェ・夜メシ・夜アソビ】FRAMES(渋谷)の使い方って?


さて、渋谷はパルコ・シネマライズ側にあるカフェ?FRMES。
雰囲気もオシャレっぽく良くて、まぁ値段やゴハンも手ごろ。
便利なお店ですが、やっぱり週末などは混んでますね。

さて、そこであえて無駄に考えてみました。
このお店の使い方は、デート向き?それとも、ワイワイ?
うーん。

top_image.jpg


ぱっと見、デートでもありかな〜と思えるのですが、
俺からしたら、ダメだろう、と。

その理由は、
◎渋谷のど真ん中で、混んでる(並ぶのは×)
◎逆にストレートすぎて、イマイチ、工夫がない
◎お客や店員の女の子がカワイイ子が多い(目移り要注意!)


25歳越えたら、
デートのお店選びも、もう一ひねりほしいものです。

逆にお茶するくらいなら全然OKだと思いますけどね。
三番目の理由の目移りはマジ要注意(笑)。

というわけで、結論(?)

FRAMESの使い道 三原則。
◎少人数の友達と。
◎デート途中のちょっとお茶
◎ゴハンするお店が見つからない時のバックアッパー
(まぁ往々にして、そんな時はここも混んでますが)

というところで。

昔、我が家によく遊びに来ていたある女の子がここのスタッフでした。
その辺の詳細なツッコミは厳禁ということでよろしく(笑)


【編集長ぼやき】

ココ着たらよく頼むのが、
ココナッツカフェオレです。

あとこういう系のカフェでゴハンすると、壁のディスプレイとかに
流れている映画とか見いっちゃう…デート中は危険です。

なんか、場所柄かパルコっぽいお客さんが多い。
センター街とパルコ〜宇田川は、歩いている人の層も色が変わりますね。

【関連リンク】

FRAMES

【クリエイティ部】キング・オブ・ハッタリ

Poker-2-KKK-PRINT-VA.jpg

Poker-1-MISS-PRINT-VA.jpg



オモローな広告ですね、その2。
ってか、このシレっとしてるところに爆笑。


オンラインポーカーゲームのサイトなんですが、
コピーがウケる
"Become the King of bluff"

ハッタリも立派なスキルなんでしょうか。
逆に、オンラインギャンブルってなぁ〜っていう
初心者などへの敷居をうまいこと下げてますね。


まぁオイラはどっちも好きです。
KKKとか、使いづらそうだけど。
モデル達が全員いい味だしてるよねー


どうにもこうにも、こういうシニカル笑いの
好きな人間です。自分わ。

【クリエイティ部】10人を探せ

anadolufind10people.jpg

オモローな広告ですね。(画像をクリックすると拡大版にリンクします)

オフィスに隠れている10人を探せ〜って
意外なとこにいますね。

で、なんの広告?って思ったので調べてみたんですが
Anadolu Hayat Emeklilik A.Sって、トルコの保険・ペンションファンドの会社らしいです。

詳細はコチラ


うーん、あんまりネタと会社の主張がつながってないよーな気もするが。
俺がまだわかってないだけ?

ここで大事なのは、
「無茶だろう〜」っていうくらい、強引に隠れてるトコ。
若干、ギャグにするなら、強引なくらいじゃないと中途半端になる。
コンセプトから、クリエイティブへの飛躍は少し強引なくらいにしないと。

昔あったJRのSnowTrainのCMなんかその好例ですね。
※クルマでスノボに行く二人の青年が立ち往生しちゃって、うっかりクルマをがけから
落としちゃって炎上させてしまう。
そこで後輩、「やっぱ新幹線のほうが速かったんじゃないですかね〜」って有名なCM。


このネタ、もっとみがいて今度どっかで使おうかな〜♪
(って1年前にmaquiさんと一緒にやりましたね…)

2008年05月20日

【107号室的 やってみる。】ボトルの色で今の心理がわかる?

オーラソーマボトルって知ってます?
選んだカラーボトルで今の心理状態がわかるそうです。

で、それをとりあえずお試しできるサイトのオハナシ。

ココ

オーラソーマ 無料カラー心理診断


bottles.jpg



というわけで、オイラもさっそくやってみた☆
(乙女的発想。)

やり方は簡単で、
ぱっとみて気になったボトルをクリックして、左のウインドウに
適当なメアドを入れるだけ
※メアド入れるのに抵抗あるかもですが、特に問題はないみたいです。



オイラが選んだのは

・1本目
047.jpg

・2本目
082.jpg

・3本目
083.jpg

・4本目
085.jpg


果たして結果は… ドキドキ

・1本目:ソウルボトル
047.jpg
本来のあなた、人生の目的と可能性

神秘的なことに対する関心が高く、その方面の情報や知識も豊富なあなた。
もともと分析的・論理的な思考を備えている一方で、
無から有を生み出す直感的な創造力やイマジネーションにも優れています。
右脳と左脳のバランス感覚がとれていて、
客観的に物事を判断してベストな選択ができる人です。
あなたはつねに「どんな人生を送りたいか」
というはっきりした方向性を意識しています。
そこに自らの使命を見出し、自分にとっての
“真実の道”を生きることに最善を尽くします。

・2本目:チャレンジボトル
082.jpg
あなたの人生の課題やチャレンジ

あなたの内面に、過去から引きずっている深い恐れがあります。
過ぎたことに固執していたり、先行きの不安に気を取られていて、
今この瞬間に意識を集中させることがなかなかできません。
もともとあなたは、様々な能力を備えているも関わらず、
自信が持てずに本来の力を抑圧しているのです。
恐れや不安を克服することがあなたの課題です。
心のありのままを文章にしてみること、
あるいは親しい友人に話すことで、気持ちがすっきりしてきます。
自分の中が明晰になれば、本来の能力に気づき始めるでしょう。


・3本目:「ヒア&ナウ・ボトル」
083.jpg
あなたの今現在の状態

ちょうど今、あなたの進むべき方向から新鮮な風が吹いて来ています。
心を開いてその風を受け入れてみましょう。
例えば、海や山に出かけて、自然界の穏やかなリズムに
身をまかせてみると良いでしょう。心身がリラックスすると、
内面に幸福感と歓びがあふれ出し、
あなた本来の潜在能力やこれから進むべき道が示されます。
トラウマ(心の傷)や葛藤はすっかり風に吹き飛ばされ、
自由で心地よい感覚が体中に広がってくるでしょう。
肩の力を抜いて、心の中に浮かんだ未来の可能性に向って、
新たな一歩を踏み出しましょう。


・4本目:「フューチャー・ボトル」
085.jpg
あなたの未来の可能性

未来のあなたは、自らの人生を愛し、
心で感じたままを表現し愛を伝える
“アーティスト的な生き方”を実現しています。
言葉を使わないコミュニケーション…、例えば芸術や音楽による表現、
ヒーリング、マッサージなどを通して、
人に安らぎや平和な感覚をもたらすことができるでしょう。
ビジネスにおいては、コンピューターに関わる分野で存分に才能を発揮しそうです。
また、本来の話す能力を活かし、例えば研修のトレーナーとして、
また講演などで、人前に立って知識や経験を伝えていく可能性もあります。
人を教えることを通して自らも成長するでしょう。



どうなんでしょう?
最後に「アロマ買いませんか?」ってオチがつくのは、ご愛想で☆

意外にも紹介してたのはKREVAのブログからだったりする(笑)


【リンク】

オーラソーマ 無料カラー心理診断



posted by 107gou at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未定(整理中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。