2011年11月28日

【映画レビュー】Somewhere ~男の子っておばかさんね、って言われてる映画~

51r8XltaqNL._SL500_AA300_.jpg

いきなりですが、ソフィアコッポラの法則というのがある。
いや勝手に自分がつけたのですが、その法則とは、
「傑作」「駄作」「傑作」「駄作」の順番で作って行くという不思議な監督。

その傾向があるのがスピルバーグ。順番はわりとランダムですが。
(余談ですが「傑作」「駄作」「駄作」…以下同 なのは、
シックスセンスの監督だったあの人。)

ソフィアコッポラは、初監督作「ヴァージンスイサイズ」を見た時、オイラは
「けっ、オシャレ映画撮りやがって」と思った。

しかし「ロストイントランスレーション」を見て、素直に感動した。
「け、傑作だぁぁ」と。

その期待を込めて次回作「マリーアントワネット」を見て、激怒した。

そしていよいよ次の作品「Somewhere」である。

ということでオチは明らかなのですが、すんごい傑作だどす。
やっぱこの人はチャラチャラした映画は撮らない方が良い。

というわけでストーリーです。

ジョニー・マルコは映画俳優である。ハリウッドのサンセット通りにあるシャトー・マーモントに部屋を借り、新作映画のプロモーションをしながら自堕落な生活を送っていた。フェラーリを乗り回し、派手なパーティをし、女性と遊んでも、彼の気は晴れない。
ある日目が覚めると妻のレイラと娘のクレオが部屋に来ていた。レイラは一日クレオの世話を頼んでいく、、、。





ソフィアコッポラの映画って何かに似ているなーってたまに思う。
なんとなく邦画っぽい気もするんですよね。
アメリカ人とは思えない繊細さだし。

この映画も一見意味の無さそうな、ささやかなシーンに繊細な心の動きが現れていて、
そういったシーンを順番につないでいくことで、主人公の心の変化や、娘のクレオの心の揺れ動きが
うまく表現されている。
とにかくうますぎる。

ひとつひとつのシーンは奇麗で美しいんですが、映画なので、
それをつなげてみた時にすごく意味が生まれる。

例えて言うなら、
美術館に行って、一点一点、良い絵画を見ているのですが、
展覧会で順番に絵画を見て行った時に、キュレーターの企画編集のコンセプトにびっくりするというか。

それぞれ感じて頂きたいのですが、
一つだけ例を挙げましょう。

あるシーンでは、主人公のジョニーは毎日のように、
部屋に、ポールダンスの女の子を呼んでいます。
ある日は退屈して寝てしまったり、ある日は、ただヤリたいだけだったり。
とにかくダンスなんてどーでもいい。

しかし娘のクレオがフィギュアスケートの練習しているのに付き添って行った時、
彼はクレオが踊る姿に目を奪われる。

この二つのシーン。
「踊る」という共通点をうまくつなげることで、彼の変化を上手に表している。

うーん、あんまり解説するのもゲスなので、これくらいにしとこ。
そういうのに一点一点、気がつくことでジーンとくる。
ソフィアコッポラって、女を描くより、男を描くほうが上手な気がする。
ロストイントランスレーションのあのダメ男ぶりや、
今回のジョニーのダメ男ぶりも含めて、
「もう、ダメな男ね」って言いながら、尽くしちゃう感じがする。
不思議よねー。

ちなみに、個人的にはクレオが涙するシーンは、せきとめていたものが、流れ出た感じで、
ぐっと来ました。

いちいち、こういうのうまいなー、この監督はって思う。
人のパーソナルな感情に入り込んでくる。
やっぱり気になるし、また次回作も見ちゃうんだろうなー。

ソフィアコッポラの法則によると、駄作になる予定なんだけどね。




ただロストイントランスレーションはまだ超えてない。
posted by 107gou at 23:22| クアラルンプール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 107号室的映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画レビュー】ミドルメン アダルト業界でネットを変えた男達 〜エロはためらうな〜


51vybnOWiWL._SL500_AA300_.jpg

さーてと、最近TSUTAYA様ではなくて、HULUやiTuneで色々映画を漁っております。
なかなかチャネルを広げると意外な映画にブチ当たるもので。
これもそんな中、見つけて、気になってみてみた次第。

ストーリーは、
結婚し子供も生まれ、家族のために金を稼ぐことに必死の実業家ジャック。
友人が病気で倒れたクラブの建て直しに成功した彼の元に、
弁護士から、インターネットで、ポルノ映像を有料公開している2人組ウェインとバックが、
ギャングとの契約を破ってしまい、脅されているのを何とかして欲しいと頼まれる。
最初は、ポルノに関わるのに躊躇(ちゅうちょ)したジャックだったが、
バックが、たった15分でプログラムした「オンライン・カード決済」に着目し、
客とポルノ業者の仲介をするビジネスを思いつく。
早速、会社を立ち上げ、仲介業を始めると、トントン拍子に成功し、
数年後には、大金持ちになった。だが‥。





アダルト業界を舞台にしているから、色眼鏡で見られそうだけど、
アダルトということより、一つのおもしろい話として見られるので、
邦題のつけかたは誤解を招くなぁと。

主人公が真面目で誠実そうなのがまたいい。
結構、テンポもよくて、笑えるし、楽しい。
日本未公開なのは、いまいちインパクトに欠けたから?
でも、こういう中級の普通の作品でそれなりに実力作を出せるところ、
やっぱりハリウッドは映画の都だなーって思う。

でもやっぱり、アダルトサイトの女優役の人が、
事務所のガードが難いのか、脱がないところとか中途半端で不満。
こういうネタをやるなら、変なところ躊躇すると、一気に覚めるからね。
わりとキツメのネタで攻めるなら、そういうの大事だなって思った。
見て損は無い映画。




見たことあるなーって人が満載。
posted by 107gou at 23:05| クアラルンプール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 107号室的映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

【個人的な備忘録2】Duran Duranとか、90年代ロックBEST30のビデオとか。

●Girl Panic! / Duran Duran


超豪華! ナオミキャンベルや、シンディクロフォードなどスーパーモデルが
Duran Duranのメンバーに入れ替わったという設定。
監督はLady GaGAのクリップなどの監督だそうね。
ここまでラグジュアリーに作れたら上等。

●Jam (teaser)/ Kim Kardashian


ウケる。キムカーダシアンって曲出すんだw
パリスとかぶるな。


●Soft / Washed Out


ノーマークだった。アルバムのジャケットが凄く好き。


●Islands/ The XX


よくわからんが、いい感じね。

●Walk Man / SIMI LAB


最近ストリートな各地で話題の日本のヒップホップポッセ。黒人と日本人のハーフのメンバーとかいたりする。
なんとなく、Odd Future意識してるのかなー?って思うけど。


そして二本立て。
●The 30 best rock songs of the 90's ( part 1 )


The 30 best rock songs of the 90's ( part 2 )


ああーやべーたまんねーww 好きな曲ばっかり入ってる。
この人選曲いいねー。
こういう音楽に育てられたみたいなもんですからね。

Tool、Blind Melon、Stone Temple Pilots,Soundgardenあたりは
90年代ならではの味わいが最高です。
part1の最後に入ってる、クリスコーネルのGreatest Expectationのサントラの曲で号泣。
当時はあんまり好きじゃなかったUKロックも今聴くとカッコいいね。

90年代は音楽だけじゃなくて、ジャケットなどのヴィジュアルセンスも好きだなー。
後半の上位ランキングは正直謎だけど。ま、いっか。
一位の曲は今でも頑張りたい時は聴くなー。
posted by 107gou at 12:41| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RADIO107号室(音楽紹介しながらラジオ風にブログする) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【個人的な備忘録】最新チェック中の、ヤバいアーティストとPV

●'Queen of Wonderland' (Exclusive)/J*Davey


かっこいい!こういうダークさ好き。


●Go To Work / Kalenna


元Dirty Money



●Criminal Crip / TLF feat. Indila



謎のフランスのラッパー。
インド調も好き。

●The Boys / 少女時代





申し訳ございません。
posted by 107gou at 00:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RADIO107号室(音楽紹介しながらラジオ風にブログする) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

【映画レビュー】仁義なき戦い 広島死闘編 〜千葉真一パイセン…〜



51JF0scK3gL._SL500_AA300_.jpg

さて、連続でいきます。
仁義なき戦いの第二話。
ちなみに仁義なき戦いって完全なフィクションじゃなくて、
実際のヤクザがモデルで、実際に起きた事件を
取り上げている半分ノンフィクションです。


ストーリーは、
戦後の混乱も収まってきた昭和20年代後半。広島競輪場の縄張りを巡って争いを始めた村岡組と大友連合会。そのころ、博打のいざこざで刑務所入りした工員の山中正治(北大路欣也)は、所内で山守組の広能(菅原文太)と知り合う。やがて仮出所した山中は、大友勝利(千葉真一)率いる愚連隊に袋だたきにされ、それを機に村岡組組長の姪・靖子(梶芽衣子)と関係を持ったことから村岡組に属し、鉄砲玉として暗躍していくが…。



さて、前作とストーリーは別ですが、登場人物など
一応つながってはいます。

今作で目立つのが、千葉真一。
今じゃ渋い空手マスターみたいな感じですけど、
この作品じゃ、キレまくり、狂いまくり、撃ちまくりの
狂犬と化していて、最後まで
「えーあれが千葉真一だったのー!?」って感じでした。

前作の主人公は、菅原文太でしたが、
今作にも出てくるのですが、主人公は北大路欣也。
前作に比べると、ややダークな印象です。

北大路欣也演じる 山中は、粗暴な男ですが、
すごく純粋に描かれている。

まっすぐが故に、利用され、そして…

というある意味悲劇的なバイオレンスオペラだと思う。
ラストのダークかつバイオレンスな映像は必見ですね。
悲しすぎる。




北大路欣也もわけー。

posted by 107gou at 22:40| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 107号室的映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画レビュー】仁義なき戦い 〜おじさん達が若かった頃〜

51vNdgV+oUL._SL500_AA300_.jpg

さて、これもしばらく前に見た映画なのですが、
ちょっとした東映ヤクザ映画ブームが自分の中で来てしまいまして…
やっぱりコレを見なきゃダメだろう!と。

テーマ曲も有名なこちら。

ストーリーは、
復員兵の広能(菅原文太)は、当時まだ小さかった山守組の身内となり、敵対する土居組組長を暗殺するが、途端に山守組長(金子信雄)から邪魔もの扱いされて自首せざるをえなくなる。その後勢力を拡大していく山守組内部で、坂井(松方弘樹)ら主流派と有田(渡瀬恒彦)ら反主流派の内部紛争が始まっていく。やがて仮出所した広能は、山守組長から紛争に勝利した坂井の暗殺を促されるが…。



やー、かっこいいわぁ。
子供の頃?って、昭和時代ってなんだかダサクて嫌だーって思ってたけど、
大人になってから、こういう昭和の生き様ってのもなかなか味があるなぁ〜と。
良くも悪くも平成の今とは違った尖ったエネルギーがほとぼしってます。

監督の深作欣二って最近の若い子(って自分もわりとそっち側ですが)には、
「バトルロワイヤル」で知られている監督で、非常にバイオレンスな映像を作るんですが、
実は「暴力反対」なんですよね。

この映画でも、ヤクザの壮絶なバイオレンスがこれでもか、って出てきます。
抗争で次々と殺されるし。

映像は泥臭いのに、なぜか華麗で、そして華麗が故に、暴力にまみれた世界に空しさすら
感じるんだよね。
「なんであんな未来のある活きのいい若い奴が死ななきゃいけないんだ」とか。
きっと観客を、そんな気持ちにしたかったんだろうね。


もっと泥臭いVシネマみたいな感じかなーと思ったんですが、
実に華やかです。不思議。

とにかく、大物俳優達の若かりし姿がカッコいい。
菅原文太とか、侍みたいでキリっとしててカッコいいし、
松方弘樹もまだ若かったろうに既にダンディ。
最近だとわりとイイ人な役が多い渡瀬恒彦のチンピラもなかなか見所。

そして「こんなところにあの人がさりげなく出てる!」なんて楽しみも。
意外と楽しめます。
ある意味、「トレインスポッティング」的な
昭和の男達を作った映画なんだろうね。




哀川翔はいないよー。




posted by 107gou at 22:23| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 107号室的映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

【RADIO107号室】最近のヘヴィーローテーション 〜オバカ最高〜

さって11月入ってからブログ書いてねー。うおっと。
というわけで、最近何聴いてるよ?っていうあのコーナーです。
しばらくぶりなので、結構たまってますが、ピックアップ。

まずはこちら

●Save The World / Swedish House Mafia

Swedish House Mafia - Save The World (Official Music Video) [HD] from Marios Muzik on Vimeo.



どっちかというとDJ用にゲットしてしまったSwedish House Mafiaの新曲。
かっこいいねーなんか、普通にポップミュージックだよね。
なぜかこの曲を聴くと、80年代のDuran Duranを連想する。

余談ですが、なぜかこの曲、DJでミックスできない…ピッチが変化してるのかな…


●We Found Love/ Rhianna feat. Calvin Harris


リアーナもなんだか、ガガを意識しまくってるみたいで、ちょっとやだったんだよね。
でもこの曲はやっぱり楽しい。
リアーナってガガと違って、自分で曲書くタイプじゃなさそうだから、
コラボレーターの質に左右されるところが大きい。
やや陰湿でダークめなアーティストといい感じの相性だねー。
ここであえてDepeche Modeとかニューウェイブ系と共演してくんねーかなー。

ってかさー、最近ヒットチャートがクラブミュージック化している。
ダンスフロア化とでも言うか。
普通にヒットチャートの曲をフロアでかけられるもの多いぞ。


●Sexy And I Know It/ LMFAO


自分のことをよく知っている人なら、わかっていると思うが、私はアメコミ的下品でオバカが結構好き。
そのくせ音楽的にマニアックに熱いともうヤバい。
そういう意味で、LMFAOはもうガッチリ刺さるわけ。
ShotsやParty Rock Anthemのド派手な大ヒットの後って相当難しいと思うけど、
あえてアシッドハウスな感じで来たかーと。
ちょっとマニアックな話ですが、こういうビリビリしたアシッドシンセの音は、
TB-303という有名なシンセがあって、それで90年代にUKやNY中心に流行ったんですね。
まさに90年代ハウスへ移行している証拠だなーと。

まーそんな音楽談義はさておき、このオバカする中学生レベルのビデオが俺は大好きだーーーーーー



●Dedication To My Ex / Lloyd feat. Andre 3000


下ネタつながりで(?)、こちらも紹介。
Lay Me DownですっかりブレイクしたLloyd。OutkastのAndreと一緒にこんなシングルをドロップ。
なかなか普通にノリノリでソウルフルで良いです。彼の声とすごくはまるね。
ただね、歌詞が気になって仕方が無い…笑。 Pussy言い過ぎ…笑。

●Trouble On My Mind / Pusha-T feat. Tyler The Creator


Pusha-Tって誰だよ?って言う人、Clipseってグループ覚えてませんか?
あのPharell Williamsのレーベルからデビューした人達。
ソロ作は、今大人気のTyler The Creatorとまたダークな曲作ってきました。
これが妙にヒップホップしてて、クセになる。
やっぱりこういうのリリースされるとついつい引っかかる。

●adventures of rain dance maggie/ Red Hot Chilli Peppers



気がついたらジョン・フルシアンテが脱退していた「元オバカ」レッチリの新作。
ジョンが脱退した時はマジオワタと思ったけど、もはやベテラン。手堅くまとめてきたところ見ると
完璧、円熟期入ったねー。もはやストーンズとかと同じようなカテゴリー(元不良みたいな)
次はグリーンデイだね。

それはともかく、予想以上にいい音でいい曲だけど、やっぱり、ジョンの不在はデカイ。
彼のヌルっとしたファンクな曲やメロディがいかにデカかったかわかる。
でもいいんだ。レッチリはレッチリだから。崩壊してファンを裏切りまくるスマパンに比べたらエラいもんだ。
とにかくビデオがいいよね。なんかこれ見るとカリフォルニアっていいなーって思う。


●Next Girl / The Black Keys


Twitterでもつぶやきましたが、うっかりノーマークしてたバンド。
曲的には新曲のほうが好きですが、このビデオがとても好き。
他のビデオも良くて、世界観がしっかり完成されているバンドだなって印象。
タランティーノ映画でぜひ使ってほしい。
ちなみにこのバンド、下積みの長い若きベテランです。


オマケ
●WARP / The Bloody Beetroots feat. Steve Aoki


こないだのSteve Aoki来日。この曲で暴れたかった…(泣)。





posted by 107gou at 23:48| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RADIO107号室(音楽紹介しながらラジオ風にブログする) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。