2010年12月25日

【RADIO107号室】2010年 マイBEST ミュージック 〜2011年のサントラ〜


さて、毎年恒例(?)のマイベスト。
かなり個人的なネタです。
今年も色々音楽を聴き、結構悩んだのですが、
結局この10曲に絞ってみました。

さて、毎年言いますが、この選考基準は
個人的によく聴いたり、DJでかけたりなど
107号室的に暮らしの中で今年のサントラだった10曲です。
なので、今年の思い出や気づきと共に振り返ってみたいと思います。


でわいってみよー

●Miss Nothing / Pretty Reckeless


やっぱりはずせないねぇ…。テイラーモムセン率いるPretty Reckless。
他の曲も含め、結構聴いたかも。
まだ甘い部分などいっぱいあるんですが、この曲は純粋にかっこいい。
ビデオもロックでセクシー。
ただこの曲は、ボーカルのテイラーモムセンが出演している「ゴシップガール」も見てたから、
そのポイントも加味(笑)。
17歳にして、もうイっちゃってるテイラー・モムセンにかなり期待。

profile_j._V192250610_.jpg
ゴシップガールの最初はこんな清楚だったのにね…
いい感じに破滅してますww


●Lay Me Down / The Dirty Heads feat. Rome

The Dirty Heads - Lay Me Down (Feat. Rome)
アップロード者 EMI_Music. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。

今年の夏のBGMはこれでした。よく海に行ったり、横浜レゲエ祭にいったりしてたので、
なんだか、こういう音がほしかったのよね。
ストリート感と、ヴィンテージ感のバランスがすき。



●Billionair / Travie McCoy feat. Bruno Mars


この曲も夏にすごく聴いた曲。
前述のLay Me Down と合わせて、夏のテーマです。
Bruno Marsは今年の新人賞ですね。

●Just The Way You Are / Bruno Mars


Bruno Marsの曲を2曲も入れちゃうのか?って感じで迷いましたが、やっぱはずせないかなぁ。
この曲はビデオが特に好き。
カセットテープが動くアイデアも、モデルの女の子も、
Bruno Marsのファッションも、このスタジオも。
まぁなによりも清涼なラブソングな感じがいいよね。
オルタナティブな時代の到来ですね。

自分で言うのも恥ずかしいですが、夏〜秋口はBruno Marsとかのファッションを超参考にしてました(笑)


●Holding You Down / Jazmine Sullivan


YES!本物のヒップホップソウルが戻ってきた!
メアリーJ.ブライジ、2世の誕生か?

NASをサンプリングした、この90年代のヒップホップ黄金期を思わせるトラック。
それだけならベストには入らなかったけど、このハスキーなJazmineの声がまたいい。
サビのとことか、結構クるよね。
10 secondsなど他の曲もよかったのでランクイン。


●Didi / Milk&Honey


これは今年、3月にトルコに行ったとき、途中ドバイで買ったCDに入っていた曲。
2010年の曲じゃないし、正確にはドイツ国籍なんだけど、
このビートなどがアラビアン的。
やっぱり3月にトルコやドバイへ立ち寄った思い出は、楽しい思い出だったし、
そこから面白い出会いや出来事も生まれたので、これはエントリー。
自分は中東の雰囲気が、なぜか異常に大好きです。


●Be Kissing / Igor Blaska


また打って変わってハウスですが、今年も結構DJしました。
TEI TOWAさんのパーティーや、海の家イベントでもいくつかDJして、
FTNの船上パーティーやWarehouseでのハロウィンパーティー。

とにかくDJをしていて良かったのは、いろんな人に会えたこと。
あと自分で自覚したのが、自分はDJとしては、
いわゆる「俺はこういうDJだぜ」的なスターを目指すタイプじゃない。
自分よりもっとうまいDJだってたくさんいる。
でも、お客さんのいるフロアの空気を読んで、イベントの流れを読んで、選曲を決め、
ダンスフロアと対峙するスキルに関しては、そうそう負けない自信と、多くの人からの評価を得られた1年。
DJとしては有意義でした。
「アーティストDJ」じゃなくて本物の「パーティーDJ」
パーティーをイケてるものにしたいんだったら
ぜひオファーを(笑)

そんなDJをした一年で、
こんな音が比較的ウケがよかったなぁと。


●Sexy People / Lolene


うーんこれもいれるか迷ったけど、結局ビデオがかっこいいからエントリー。
新人のLolene。エレクトロファンク姫でセクシー。とってもセクシー。
今年気がついたことに、自分が追い求めるテーマに
「セクシー」というのははずせないということ。

セクシーって表面的な露出度の話じゃなくて、醸し出すものだと思っていて、
その場の雰囲気や、自信、感情などによって、中からジュワっと出てくるものかなぁと。
セクシーさを失えば人間ってとても魅力的じゃないと思う。
そんなセクシーさを引き出すようなモノやコトや場所をたくさん作りたい。
セクシーで、センセーショナルな…

それはともかく、このエレクトロ的な音も結構聴いてましたが、
今年っぽい一曲。


●Sex Music / Tank


セクシーを追い求めたら、ついにそのまんま「Sex Music」(笑)。
今年はプライベートでは、とにかくR&Bを一番聴いてました。
ラップも、ロックもない。歌。

ソウルフルな音楽って、やっぱり大人の音楽だと思う。
R&Bは子供っぽく聴きたくない。濃厚で、セクシーで、センセーショナル。
この曲はそういう意味で超いい。
文字通り、セックスミュージック。

●When A Woman Loves / R.Kelly

R. Kelly - When A Woman Loves [New]
アップロード者 Yannicklord. - 音楽動画をHD画質でもっと見る!

今年のベストソングはこれなんじゃないか?
まさかの最後の最後に出てきました。
もうR.Kellyって中学生くらいだった頃から聴いてるけど、未だに第一線で活躍しているのがすごい。
エロ路線かと思ったら、B-BOYな格好してストリート系になったり、
そうかと思ったら、こういうエレガントな音楽を作れるんだから感心。

実際に今作はかなり高い評価をされているようです。歴史に残る名作という説もあるくらい。
結局、強いルーツを持っている人は強い。



という感じの10曲でした。
他には
Black&Yellow/ Wiz Khalifa
Pretty Girl Rock/ Keri Hilson
Say You'll Hautin'Me/ Stone Sour
Need You Now / Lady Antebellum
Like A G6 / Far East Movement
などなどがありました。
あーあとレゲエも良かったねー。

このリスト見て気がつくのが、
新人や今年ブレイクしたアーティストが多い。
結構、音楽業界が変わる最初の一年かもねー。

せっかくなんで00年代という10年のマイベストもやってみたいねー
大変そう。選べなさそう…


でわ!
posted by 107gou at 23:34| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RADIO107号室(音楽紹介しながらラジオ風にブログする) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/175671541
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。