2011年12月29日

【タイムスリップ企画】MY BEST1999 〜ヘヴィ、とにかくヘヴィに〜


こんばんわ。
さっそく続きます。
90年代にさかのぼってきました。
この年はヘヴィロックが全盛期で、なんだかひたすら爆音が鳴っていた記憶があります。
まー10代だったし、エネルギーが有り余っていた高校生の男子にはちょうど良かったのでは?

というわけで、さっそく

◎YOU / Oblivion Dust


10代の時に、すごく影響を受けた?というか、メンタル的にしっくり聴いていたバンドは
このOblivion Dustでした。
メンバーが外国人とのハーフという育ちもあるのかもですが、
日本にいながら、海外のカルチャーとリアルタイムでシンクロしている音楽を
はじめて聴いたので。

邦楽の人気ミュージシャンが海外の流行っている音楽を意識して
邦楽に取り込むってのは昔から普通にあったと思うのですが、
別に洋楽でもなく、邦楽でもない。
ただ、海外の音楽を普通に日本でやっている、という感じのフラットさが
すごく影響を受けましたねー。


◎Welcome To Fold / Filter


このバンド、元Nine Inch Nailsのメンバーのバンドです。
結構前から活躍してたけど、このアルバムで大ブレイク。一躍メジャーバンドの
仲間入りをしました。
日本では流行らなさそうな感じですが、乾いてる感じが自分は好きでしたー。

ちなみに、このボーカルのリチャード・パトリックのお兄さんの
ロバート・パトリックは、有名な俳優で、ターミネーター2の液体人間のT1000や
Xファイルにも出演しています。

◎Guerilla Radio / Rage Against The Machine


さー来た!自分の中の「人生でもっとも重要な5つのバンド」の一つです。
(ちなみに、Nirvana,Garbage,Nine Inch Nails,The Smashing Pumpkinsそしてこの
Rage Against The Machine デス)

やっぱりこの曲は今でも、人気あるし、かっこいいよねー。
アルバム全部がかっこいい。
ここはあえてのライブバージョンでお届け。

◎Nookie / Limp Bizkit


やっぱ当時のキッズ達を熱くさせたバンドは、こいつら。
その後、売れすぎてメジャーになってからは個人的には「なんだかなぁ…」と残念な
気持ちで一杯でしたが、この売れ始めた頃はかなりかっこ良かった。
こいつらが大ブレイクして、「あー、ロックもまた次の時代に変わったんだなー」ってのを
肌で感じた一曲。

◎Starfuckers,inc. / Nine Inch Nails


映画「ソーシャルネットワーク」の音楽を手がけ、いきなりアカデミー賞に浮上してきた
超天才トレントレズナー氏率いる、Nine Inch Nails。
もう個人的には崇拝の対象なんですが、この頃出したアルバムもやばかった。
ライブ行ったけど、客が超暴れてて、暴動みたいだった…
でも次の瞬間にはスクリーンがステージの前におりてきて、
美しい映像と、静謐な音楽に変わったりとか、なんか不思議なバンド。


◎Let Yourself Go, Let Myself Go / Dragon Ash

Dragon Ash - Let yourself go, Let myself go 投稿者 doaramania

ご存知、言わずと知れたDragon Ashを大ブレイクさせた曲。
もともとこのバンドのコトは知っていて、普通に以前の曲とかも
聴いていたんですよね。うーん、いいけどイマイチ突き抜けてないなーって
思いながら。
でもこの曲をタワレコで聴いた時、「うわあああああああ」ってデンキが走った記憶がある。
もうバンドもヒップホップをやる時代。
ヴィジュアル系みたいのがあちこちで聴こえてくるのに、すごくうんざりしてたし、
そういうバンドっ子もクソ嫌いだった自分としては、
こっちに出口が開いた感じってのかなー。
でも楽曲の作りとしては、普通にかっこいい。
未完成な感じも、また若さを感じる。そういうバイブスって大事なのね。

◎Save Tonight/ Eagle Eye Cherry


なんだかんだで、こういう音楽もよく聴いていた。
オルタナティブ感というのが自分には最大のルーツなので。
この人どこいったんだろうね。


◎Fast As You Can / Fiona Apple


もともとこのシンガーは大好きだったのですが、この曲をちょっとサワリを聴いて、
「あー、もうやばい、すごくいい」って即買いしました。
正直、過小評価されすぎてる曲だと思いますねー。

◎Down So Long / Jewel

Jewel - Down so long 投稿者 magik-man2

今だから言える(?)お恥ずかしいお話ですが、私Jewelの大ファンでして…
大ファンという言葉が正しいかな。
曲も好きですが、この声や歌い方が大好きです。
可憐なイメージなのに、意外と歌詞とか世界観がごつかったりするのもまたいい。
外国人だらけの客に混じって、普通にライブを一人で見に行った痛い高校生でした…
でもめっちゃいい!うん。染みる。
posted by 107gou at 13:24| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RADIO107号室(音楽紹介しながらラジオ風にブログする) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243265216
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。