2012年06月30日

【映画レビュー】残骸レビューまとめ 〜龍がごとく、ホワイトアウト、シュリ 他〜



はいこんばんわ。
中途半端に前の映画をレビューするのも気が引けるので、
またまとめます。


一気に行きます。

●龍がごとく




「ゲームの世界観が破綻してる」とか、
メチャクチャ評判の悪かった映画ですね。
三池監督の黒歴史になるか、と思って、わくわくしながら見たのですが、
意外に普通でした。というか、ゲームをやってなかったので、
「そんなもんかー」って感じで。

確かに、意味不明なストーリー展開も多いですが、
映像世界や、ぶっ飛んでる岸谷五朗とか楽しむだけで良くね?みたいな。
個人的に塩谷瞬と紗栄子がクズカップルで出演が胸熱でしたw


●新仁義なき戦い 謀殺


特に理由はないんですが、渡辺謙のブチ切れぶりが必見です。
最近だと、知的で落ち着いた役柄が多かったので、こんな謙さん見るとびっくり。
IWGPのコミカルな役もそうですが、実は結構器用な人ですよね。。
高橋克典が最強に残念な点については、コメントしません。


●リング 0 バースデー



※もう一個の映画の予告編もくっついてます。

うーん予告編見るとめっさ怖い。。。でも、これはホラーって感じじゃなかったです。
貞子がどうして、貞子になってしまったのか…という過去の悲劇にさかのぼった
哀しい話。貞子役を仲間由紀恵が演じており、これがまたせつない。
これはこれでアリな気がします。
映像の質感や、登場人物の衣装や髪型なども、昭和の時代にきちんと
合わせていて、監督の丁寧な仕事ぶりに好感。


●ホワイトアウト




素材としては、おもしろいけど、いかんせんストーリーがちょっと…
どんでん返し、驚きの結末ということですが、
正直、読めたのは私が映画マニアだからですかねー。
とりあえず、相変わらずクールに美しいケイト・ベッキンゼールは雪とかぴったりだよね。
ってことでOK?


●不夜城




10年前に台湾人の友達と見たんですが、上海に行ったついでに、
久しぶりに見てみた。やっぱりベストセラーだけあって、ストーリーはよくできていて、
歌舞伎町の表層だけを切り取った「龍が如く 劇場版」に比べると、
もっと深い部分を突いた「大人」な味のある映画だなと。
だから逆に、もっとディープに描いてほしかったなー。
それこそ主役は金城武じゃなかったんじゃないか?とかさ。
北野武の「アウトレイジ」や、ジョニートーの「エグザイル」のように。
それにしても椎名桔平はこういう役やらせると、ハマりすぎて、ヤバいですね。


●バンクジョブ





やたら出てるジェイソン・ステイサム。
トランスポーターのコピーみたいな作品ばっか出てますね。
確かに、「トレインスポッティング」みたいにテンポもよくて、
「オーシャンズ11」みたいにかっこよさげで、
って感じなんだけど、
結局何がしたかったんだっけ?って
イマイチ焦点がしぼれてない映画になっちまったのが残念。
確かに実話と考えたら大事件だけど、
英国史上、最大のスキャンダルがこの程度じゃ、
見てる側はあんまりテンションあがらないよなー。

●シュリ




わー、オールドボーイのおじさんが敵役で出てる!!!とか、そこ重要じゃないね(汗)
たぶん、韓国映画で大ヒットの先駆けですね。
確かにおもしろかったし、ハリウッド以外でこのスケールは素晴らしいと思う。
ネタ的には、そんなに斬新じゃない。
でも「ロミオとジュリエット」的な普遍的ストーリーに、
「南北朝鮮分断の悲劇」を重ね合わせたのは大成功。
ここでも「普遍的ストーリーを下敷きに、スパイスを入れる」
というヒットの法則が発動してますね。
確かにリアルタイムで映画館で見たら泣けるかも。

映画としては正統派なつくりだと思う。


posted by 107gou at 23:18| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。