2012年08月23日

【RADIO107号室】シンドイ時や凹む時に聴ける音楽特集〜90年代祭りですが。。。〜

さて、なんだかんだ、大変な日々で、皆さんもお疲れでしょうが、
ワタクシもぶっちゃけ色々、消耗の日々です。
自分を癒す方法は色々あると思いますが、音楽も結構良い方法だと思います。
私にとって音楽は欠かせないものなので、凹んだりすると
酒でも飲みながら、音楽を聴き、自分を見つめ直します。

つまり、シンドイ時に聴く音楽というのは、
やっぱその人間の本質を表すんでしょうね。
普段かっこつけてイマドキでイケイケなダンスミュージックとか聴いてても、
そこは本質というか。

というわけで、あくまで私の主観ですが、
同時代を生きる人は共鳴するものもあるかなー、と
いつになく前置き長め。

●Pennyroyal Tea / Nirvana


別にNirvanaなら何でも良いですが、
MTVアンプラグドのものを選んでみました。
変な例えですが、人生最後の日に何かするとなったら、
ニルバーナの音楽を聴くなーって思う。


●Stay / Lisa Loeb



知る人は知ってる曲。
自分はこの曲と共に育ってきた部分もあるので、外せない。
映画「リアリティバイツ」の主題歌。
世代的には少しお兄さんお姉さんのXジェネレーションですが、
それを見て育ってきた自分にはアンセム。

●You Learn / Alanis Morissette


You live you learn
You love you learn
You cry you learn
You lose you learn
You bleed you learn
You scream you learn
というサビの歌詞にどれだけ、勇気づけられて、感動したか。。。


●Foolish Game / Jewel


Jewelはめっちゃ大ファンで、一人でコンサート行ったこともあるくらい(ちなみに超最高でした)
可憐な歌声なのに、歌詞はごついところががもうぐっと来る。



●Protection / Massive Attack


マッシブ・アタックは、Teardropとかあげる人多いけど、何を言ってんだか。
この素朴さがええねん。ロンドンの陰鬱な感じとか(ってロンドン知らないけど)

●Adia / Sarah McLaclan


正直、この曲を出すために、この記事書いたと言っても過言でないくらい、
この曲が好き。
サラ・マクラクランは、歌を聴いて、泣けるシンガーです。
本当に泣ける。心からぐっとくる。
シンドイ時や、凹む時、本当に聴いてる。

●It Can't Rain All The Time / Jane Sibery


映画「クロウ」のサントラより。無名ですが、これはマジ名曲。
自分にとっては聖歌です。

●Question Of Lust / Depeche Mode


私、一番好きなバンドの一つがDepeche Modeなので、当然入ってくるんですが、
この曲は思い出もあって、好き。

●Alive / Pearl Jam


最後は、これで〆ましょうか。
あるレビューで見たんですが、
ストリートの黒人達は、日々銃で撃たれたりとか、殺伐とした世界で生きていて、
彼らにとってヒップホップってリアルなわけです。
でもそうでもない中流階級は、そんな目に遭うわけじゃない。
しかし、「未来が見えない不安」や「漠然と生きる意味が見えない」だけでも
人は死を選ぶことすらある。
そんな漠然とした不安や苦しみにPearl Jamやニルバーナは凄く刺さる。
特に、やっぱり「I'm Still Alive」と強く歌うこの曲は最後にふさわしいんじゃないでしょうか。
しんどくでも、「まだ俺たちは生きている」んだから。


うーん、なんだかオルタナ祭りですいません。
育ちが出ましたね。
posted by 107gou at 01:24| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287955946
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。