2014年07月29日

やりたいことをやるための、戦略的なキャリアづくり(2)〜スキルはかけ算で〜

今日も忘れないうちにブログを書く。
なぜかキャリア系の意識高い系のブログみたいになってるが、しばしご容赦を。。。

今日は自分のキャリアを上へ上へあげていくために、必要な「スキル」について。
転職活動とかをした事ある人なら感じたことあるだろうが、
「自分の売りになるスキルってなんだろう?」ってこと。

ずっと営業してきましたーとか、
SE経験とか、グラフィックデザインとか色々。。。

でも、どんなジャンルにも上には上がいるし、
みんながみんな、「通期営業MVP」とか「社長賞」とかもってるわけじゃない。

オイラ自身もその悩みはありました。
アパレルから転職して、ずっとクリエイティブという仕事に取り組んできて、
いわゆる「クリエイター系」で転職することを、ずっと考えてきました。

キャリアアップするなら、有名なクリエイティブエージェンシーとか、
大手広告代理店や有名な外資系広告代理店のクリエイティブ職とか、いろいろ。
でも、広告賞ももってないメディア企業のクリエイティブなんて、箸にも棒にもかからない(泣)。

おかしいなー結構いい仕事してるつもりなのになーとか思いながら、
「俺って市場価値無いのかな…」ってどんどん自信も無くなってくるわけですよ。

そんなある日、あるヘッドハンターがオイラの経歴を見て一言
「次はマーケティングにステップアップですね」
って。

当時、マーケティングなんて言葉は自分と関係無いと思ってたし、
ロレアルとか、P&Gとか、花王みたいなマーケが強いメーカーとかに入ったエリートさんが
やる仕事くらいに思ってました。。

で、その理由を聞くと、
「ずっとデジタルのいろんな経験もわりと積んでるし、まー、英語とか海外のコミュニケーションも
そこそこいけるじゃないですか。もっとアイデアを作る力を、
広告表現じゃなくて、ブランドとかビジネス全体を推進させていく方向に生かしてはどうでしょう?」

って言われたんですね。

そうこのヘッドハンターは
「君は、デジタル×英語 で売れ」と言ってるんです。

その頃、広告代理店やマーケティングの世界では、
デジタル化が急速に進んでいました(今もですが)
しかしなかなかデジタルに関する知識が豊富な人は業界には少ない。
そんな求人が増えてたようです。
さらに今でもわかるのですが、英語を話せるある程度、優秀な人って
びっくりするくらい超少ない。
(英語を話せるだけの人か、優秀だけど英語はダメという人がほとんど)

自分は、デジタル分野の経験があるといっても、テクニカルな部分は
WEBプロダクションでバリバリやってた人よりは足りないし、
エンジニアでも無い。まー100点満点で70点くらいといったとこでしょうか。
自分よりもっとデジタルマーケティングに強い人材はいっぱいいる。

さらに英語力に関しても一緒。
24〜25歳の時に、フランス人のカワイイ女の子に会うという不純なモチベーションを作って、
一生懸命英語を習って、普通に話せるようになってたけど、
ビジネスでの英語となると話は別で(これは外資系広告代理店で働く今でも四苦八苦してますw)
まー100点満点だったら、よくて70点。


でもね、でもね。

世の中には70点でもいいから
デジタル × 英語 それなりにできる人って、びっくりするくらい少ないの。
この組み合わせで、職務経歴を変えたら、
笑っちゃうくらいオファーが殺到した。。。(マジで)
今まで、瞬殺で無視されてた企業や、もう憧れちゃう企業からもオファーが来た(いやマジで)


世の中の人材のスキルには、何かと不足しているスキルっていっぱいある。
デジタル、英語、プログラミング、営業力、コンサル、人事労務、なんでもいい。

一つのスキルでどんな奴にも勝てるだけのレベルに達するというのは若いうちは結構難しい。
でも70点くらいまでなら、一生懸命仕事して、努力すればそれなりに達する。
それを2つもてば、実は限りない「自分だけの市場価値」につながる。


こういうかけ算をするといいことが一つある。
一つのスキル100点で勝負していると、そのスキルの「旬」がすぎたり、潮目が変わったりすると
もう「0点」の人になってしまうこともある。
しかし、かけ算にしておくと、かけ算の中身を変えればいくらでも市場価値を増やして行くことができる。

自分は最初、
デジタル × 英語 で今の会社に入った。

しかし、今の会社に入ったら

デジタル75点 × 英語90点 みたいな奴が普通にいたwww

もうこんなになったら、今の会社では差別化できない。

だからさらにかけ算を増やした。

デジタル70点 × 英語70点 ×アジアマーケット 50点 

まーいわゆる「ポートフォリオ戦略」とか「分散投資」みたいな感じですが、
キャリアのスキルも一緒だと思う。

時間と労力は皆ほぼ平等にもっている「元手」だ。
それを何に投資するか?

もし今、自分が自分のスキルに自信を持てなくても、
それを負い目に感じる必要はなくて、
むしろ自分の持っているカードでかけ算したら、価値のありそうなものが無いか?を
考えてみると、意外とすごい市場価値が生まれたりするかもですよ〜。

次回は、「ダサい転職は絶対するな」編です(なんか煽り系になってきたなw)

※あのブログに関する感想やコメント、Twitterでも結構ですので、教えて頂けると嬉しいです。
ソーシャルメディアと違って、ブログは反応感じずらいので、わりと寂しくなりがちでして。。。
まだお会いした事無い方でも全然結構ですので、お気軽にぜひ!
posted by 107gou at 23:06| シンガポール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。