2014年08月03日

やりたいことをやるための、戦略的なキャリアづくり(3) 〜嫌いな仕事はするな〜

さて、また煽り系っぽいタイトルですが、こんばんわ。
いつになったら、ブランドの話ができるのでしょう。。。(自分で始めたくせに)

今日は「嫌いな仕事はするな」編です。

皆さんも仕事されてると思うんですが、「あーこんな仕事したくないなー」ってのありませんか?
たまにくるルーチンワーク的な嫌いな仕事ならいいんですが、
そもそも配属先だったり、今自分の担当が嫌な仕事だったり。。。

そこで、私は、「嫌いな仕事はするな」と言いたい(自己啓発セミナー風)

嫌いな仕事をやってる時点であなたはプロフェッショナルじゃないし、
自分のやってる仕事が嫌いだと思ってる奴と、あなたの顧客だって一緒に仕事したくない。迷惑だ。
嫌いな仕事をしてて、嫌なのは自分だけじゃない。周りに迷惑をかける前にとっとと辞めろ、と言いたい。

と、ひとしきり煽っておいて、アレですが、
やっぱり自分の仕事が嫌いだって言うのは、自己責任だと思うんですよ。

もし金のために仕事してて、『好きな仕事ではないが、金を稼げるから』という理由でやってるなら
それは本当の意味で「嫌いな仕事」ではなくて、一生懸命にやってると思うんですよね。

結局、仕事なんて自分で「好きになれる仕事を勝ち取る」か、「今の仕事を好きになる」のどっちかしか無くて、
それができない時点で、どっちもできないプロ失格のアマチュアなんですよ。厳しい言い方をすると。

自分の好きな仕事をしようと思えば、時に周りとの軋轢も生むし、
それによって犠牲になることもあるでしょう(わかりやすく言えば出世とか)
そして自分の道を狭めることにもなるでしょう。

でも、そのリスクを背負ってでも、自分の情熱に正直になるからこそ、プロフェッショナルなんだと思う。
逆に言うと、好きな仕事ができてない人は、リスクが背負えてないだけ。

じゃあ「好きな仕事が何かわからない」という人もいる。
なら目の前の仕事を「好きになってみる」ことをすればいい。
それができない時点で、自分の生き様が決まらないアマチュアなだけ。


これからの時代、「嫌だ嫌だ」と思ってやる仕事で上に上り詰められるほど甘くないと思う。
人間、努力なんてできない生き物だし、「努力してます」とか言う奴は100%ウソ。
「好き」だから、頑張れるし、見えないところで努力を努力と思わずにできる。
努力を努力と思わないで楽しんでやる奴に、努力しなきゃって思ってる奴が勝てるわけがない。

だから、「好きな仕事ができたらいいな」ではなくて、
「好きな仕事をしなければいけない」んですよ。


夜のお仕事をしている女性は、
「目の前のお客さんを恋人だと思って、接する」そうです。
それが出来る人が売れるそうです。

客なんて、結局金ヅルだろうけど、人間そう単純じゃない。
本気で自分が「好き」になる(=なるつもり)でやらないと、
工夫も生まれない。

好きだからこそ、できる工夫が、きっとナンバーワンに押し上げるんだと思う。
まーそんな甘い世界じゃないかもですが、「好き」になる気持ちって大事だと思います。

とりあえず、そんな自分は、
明日までにやらなきゃいけない仕事を日曜のこの時間まで忘れてて、
「好き」になるどころか、今すぐ逃げたいというのは内緒にしておきます(白目)

posted by 107gou at 22:23| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。