2014年10月08日

会社設立しました。


10月7日。本日会社を正式に登記、設立しました。
書類を整えて、資本金振り込んで、出資してくれた友人と軽く設立祝いして、あっという間。
日々たくさんの法人が生まれては消えて行く。大切に育てて行きます。

正直言うと、自分は起業家になりたいとか、社長になりたいという願望はない。
むしろ会社員でなんとなく面白おかしくやってる方がずっと気楽でいい(最近すでにもう痛感w)
だけど、どうしても必要な手段だからこそ、起業しました(いまいち、起業という大層な実感もないがw)

グッチというブランドを、服だけじゃなくて、ブランドの全てを作り直したトム・フォードの仕事を、学生の時に知って以来、これまでの10年のキャリアを
「どうやったら、トム・フォードのグッチのような偉大なブランドを作れるだろうか」ということにフォーカスして選択してきました。
そういう意味でこの10年はその下積みだったと言えるでしょう。

僕がこの10年で得た結論は、
「自分が普通になにげなく過ごしてきた日本のファッションカルチャーは素晴らしい」ということ。
それをブランドという形に昇華して、世界にチャンレジしていこう!そう決意と戦略ができたから、今起業することを決めました。

起業すると決めてから、もう既にすごく暖かい応援を頂いていて、
自分は実は感情をうまく出すのが不器用な時があって、クールにふるまって見えるかもですが、
内心、結構マジで泣きそうでした。。。
こんなに好き勝手生きてる自分に、「自分にできることあったらいつでも言ってね」なんて言ってくれる友人達がいることに。。。

今はまだまだ余裕ぶっこいてますが、きっと干上がって本気で助けを求めることもあるかもしれません。
でも絶対に逃げないし、土下座だってなんだってしてもあきらめないプライドがあります。
僕と同世代・近い世代の仲間たちが過ごした時間は素敵だし、それを過去にしないで、
僕らの経験を活かして、日本を代表する世界に誇れるブランドを作る事が最大の恩返しだと思って、がんばります。

とは言え、まだまだ始まったばかり。
何卒ご支援の程、よろしくお願い致します。


posted by 107gou at 00:44| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

やりたいことをやるための、戦略的なキャリアづくり(3) 〜嫌いな仕事はするな〜

さて、また煽り系っぽいタイトルですが、こんばんわ。
いつになったら、ブランドの話ができるのでしょう。。。(自分で始めたくせに)

今日は「嫌いな仕事はするな」編です。

皆さんも仕事されてると思うんですが、「あーこんな仕事したくないなー」ってのありませんか?
たまにくるルーチンワーク的な嫌いな仕事ならいいんですが、
そもそも配属先だったり、今自分の担当が嫌な仕事だったり。。。

そこで、私は、「嫌いな仕事はするな」と言いたい(自己啓発セミナー風)

嫌いな仕事をやってる時点であなたはプロフェッショナルじゃないし、
自分のやってる仕事が嫌いだと思ってる奴と、あなたの顧客だって一緒に仕事したくない。迷惑だ。
嫌いな仕事をしてて、嫌なのは自分だけじゃない。周りに迷惑をかける前にとっとと辞めろ、と言いたい。

と、ひとしきり煽っておいて、アレですが、
やっぱり自分の仕事が嫌いだって言うのは、自己責任だと思うんですよ。

もし金のために仕事してて、『好きな仕事ではないが、金を稼げるから』という理由でやってるなら
それは本当の意味で「嫌いな仕事」ではなくて、一生懸命にやってると思うんですよね。

結局、仕事なんて自分で「好きになれる仕事を勝ち取る」か、「今の仕事を好きになる」のどっちかしか無くて、
それができない時点で、どっちもできないプロ失格のアマチュアなんですよ。厳しい言い方をすると。

自分の好きな仕事をしようと思えば、時に周りとの軋轢も生むし、
それによって犠牲になることもあるでしょう(わかりやすく言えば出世とか)
そして自分の道を狭めることにもなるでしょう。

でも、そのリスクを背負ってでも、自分の情熱に正直になるからこそ、プロフェッショナルなんだと思う。
逆に言うと、好きな仕事ができてない人は、リスクが背負えてないだけ。

じゃあ「好きな仕事が何かわからない」という人もいる。
なら目の前の仕事を「好きになってみる」ことをすればいい。
それができない時点で、自分の生き様が決まらないアマチュアなだけ。


これからの時代、「嫌だ嫌だ」と思ってやる仕事で上に上り詰められるほど甘くないと思う。
人間、努力なんてできない生き物だし、「努力してます」とか言う奴は100%ウソ。
「好き」だから、頑張れるし、見えないところで努力を努力と思わずにできる。
努力を努力と思わないで楽しんでやる奴に、努力しなきゃって思ってる奴が勝てるわけがない。

だから、「好きな仕事ができたらいいな」ではなくて、
「好きな仕事をしなければいけない」んですよ。


夜のお仕事をしている女性は、
「目の前のお客さんを恋人だと思って、接する」そうです。
それが出来る人が売れるそうです。

客なんて、結局金ヅルだろうけど、人間そう単純じゃない。
本気で自分が「好き」になる(=なるつもり)でやらないと、
工夫も生まれない。

好きだからこそ、できる工夫が、きっとナンバーワンに押し上げるんだと思う。
まーそんな甘い世界じゃないかもですが、「好き」になる気持ちって大事だと思います。

とりあえず、そんな自分は、
明日までにやらなきゃいけない仕事を日曜のこの時間まで忘れてて、
「好き」になるどころか、今すぐ逃げたいというのは内緒にしておきます(白目)

posted by 107gou at 22:23| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

やりたいことをやるための、戦略的なキャリアづくり(2)〜スキルはかけ算で〜

今日も忘れないうちにブログを書く。
なぜかキャリア系の意識高い系のブログみたいになってるが、しばしご容赦を。。。

今日は自分のキャリアを上へ上へあげていくために、必要な「スキル」について。
転職活動とかをした事ある人なら感じたことあるだろうが、
「自分の売りになるスキルってなんだろう?」ってこと。

ずっと営業してきましたーとか、
SE経験とか、グラフィックデザインとか色々。。。

でも、どんなジャンルにも上には上がいるし、
みんながみんな、「通期営業MVP」とか「社長賞」とかもってるわけじゃない。

オイラ自身もその悩みはありました。
アパレルから転職して、ずっとクリエイティブという仕事に取り組んできて、
いわゆる「クリエイター系」で転職することを、ずっと考えてきました。

キャリアアップするなら、有名なクリエイティブエージェンシーとか、
大手広告代理店や有名な外資系広告代理店のクリエイティブ職とか、いろいろ。
でも、広告賞ももってないメディア企業のクリエイティブなんて、箸にも棒にもかからない(泣)。

おかしいなー結構いい仕事してるつもりなのになーとか思いながら、
「俺って市場価値無いのかな…」ってどんどん自信も無くなってくるわけですよ。

そんなある日、あるヘッドハンターがオイラの経歴を見て一言
「次はマーケティングにステップアップですね」
って。

当時、マーケティングなんて言葉は自分と関係無いと思ってたし、
ロレアルとか、P&Gとか、花王みたいなマーケが強いメーカーとかに入ったエリートさんが
やる仕事くらいに思ってました。。

で、その理由を聞くと、
「ずっとデジタルのいろんな経験もわりと積んでるし、まー、英語とか海外のコミュニケーションも
そこそこいけるじゃないですか。もっとアイデアを作る力を、
広告表現じゃなくて、ブランドとかビジネス全体を推進させていく方向に生かしてはどうでしょう?」

って言われたんですね。

そうこのヘッドハンターは
「君は、デジタル×英語 で売れ」と言ってるんです。

その頃、広告代理店やマーケティングの世界では、
デジタル化が急速に進んでいました(今もですが)
しかしなかなかデジタルに関する知識が豊富な人は業界には少ない。
そんな求人が増えてたようです。
さらに今でもわかるのですが、英語を話せるある程度、優秀な人って
びっくりするくらい超少ない。
(英語を話せるだけの人か、優秀だけど英語はダメという人がほとんど)

自分は、デジタル分野の経験があるといっても、テクニカルな部分は
WEBプロダクションでバリバリやってた人よりは足りないし、
エンジニアでも無い。まー100点満点で70点くらいといったとこでしょうか。
自分よりもっとデジタルマーケティングに強い人材はいっぱいいる。

さらに英語力に関しても一緒。
24〜25歳の時に、フランス人のカワイイ女の子に会うという不純なモチベーションを作って、
一生懸命英語を習って、普通に話せるようになってたけど、
ビジネスでの英語となると話は別で(これは外資系広告代理店で働く今でも四苦八苦してますw)
まー100点満点だったら、よくて70点。


でもね、でもね。

世の中には70点でもいいから
デジタル × 英語 それなりにできる人って、びっくりするくらい少ないの。
この組み合わせで、職務経歴を変えたら、
笑っちゃうくらいオファーが殺到した。。。(マジで)
今まで、瞬殺で無視されてた企業や、もう憧れちゃう企業からもオファーが来た(いやマジで)


世の中の人材のスキルには、何かと不足しているスキルっていっぱいある。
デジタル、英語、プログラミング、営業力、コンサル、人事労務、なんでもいい。

一つのスキルでどんな奴にも勝てるだけのレベルに達するというのは若いうちは結構難しい。
でも70点くらいまでなら、一生懸命仕事して、努力すればそれなりに達する。
それを2つもてば、実は限りない「自分だけの市場価値」につながる。


こういうかけ算をするといいことが一つある。
一つのスキル100点で勝負していると、そのスキルの「旬」がすぎたり、潮目が変わったりすると
もう「0点」の人になってしまうこともある。
しかし、かけ算にしておくと、かけ算の中身を変えればいくらでも市場価値を増やして行くことができる。

自分は最初、
デジタル × 英語 で今の会社に入った。

しかし、今の会社に入ったら

デジタル75点 × 英語90点 みたいな奴が普通にいたwww

もうこんなになったら、今の会社では差別化できない。

だからさらにかけ算を増やした。

デジタル70点 × 英語70点 ×アジアマーケット 50点 

まーいわゆる「ポートフォリオ戦略」とか「分散投資」みたいな感じですが、
キャリアのスキルも一緒だと思う。

時間と労力は皆ほぼ平等にもっている「元手」だ。
それを何に投資するか?

もし今、自分が自分のスキルに自信を持てなくても、
それを負い目に感じる必要はなくて、
むしろ自分の持っているカードでかけ算したら、価値のありそうなものが無いか?を
考えてみると、意外とすごい市場価値が生まれたりするかもですよ〜。

次回は、「ダサい転職は絶対するな」編です(なんか煽り系になってきたなw)

※あのブログに関する感想やコメント、Twitterでも結構ですので、教えて頂けると嬉しいです。
ソーシャルメディアと違って、ブログは反応感じずらいので、わりと寂しくなりがちでして。。。
まだお会いした事無い方でも全然結構ですので、お気軽にぜひ!
posted by 107gou at 23:06| シンガポール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

やりたいことをやるための、戦略的なキャリアづくり(1)〜バニシングポイントに立つこと〜

さて、ちゃんとブログ書きますよw
今、いよいよ長年の計画にそって、ファッションブランドを起ち上げる仕込みを色々やってるんですが、
その前に、何を考えて、今日この日まで生きて、キャリアづくりをしてきたかを少し書く。
若い社会人とかの参考になれば。


まず大学を卒業して、社会に出る時、
「いつかブランドを作りたい。世界最高のクリエイティブディレクターになりたい」と思っていた。
簡単に言うとトム・フォードがグッチを再生した仕事に感化されてたから。
これはまた詳しく書くので省きますが、
ブランドビジネスをやるには、やっぱファッションだろう、と
ある大手アパレル会社に入った。

いつか大手アパレル企業の資本とかをうまく使って、
自分のブランドを作れたらいいなーとか甘いことを考えてた。
当然のごとくうまく行かず、挫折した。
たぶん一生分くらい怒られたし、あきれられた。
悔しくて悔しくてもうどうしようもなかった。
すごく悩んだ。


で、ブランドを作るための道を違う方向から昇り直すことにした。
自分がミスったと思ったら、大人の意見とか一般常識は無視して、軌道修正は速い方がいい(これ大事)
改めて、自分はアイデアを出して、何かを作るのが好きだと思った。
ブランドって形の見えない価値を作る仕事。
それに近い仕事は何か?広告だ。

だからメディア企業にて、広告を作るクリエイティブの仕事をはじめた。
未経験だから、とにかく入れる会社に入った。

求人誌のはじっこにあるちっこい求人広告に「未経験歓迎」ってキャッチを書く仕事からスタートして、
まーそれなりにガンバッて、楽しんで、気がついたら
自治体の市長の前で、地域をどうやって活性化するかというのをクリエイティブの観点から提案してた。

本当に色々なモノを作った。おかげでたくさんの経験も積むことができた。
7年働いて、7年目には、ものすごいたくさんの有名企業から「ウチの会社に来ないか?」と誘われた。
普通にみんなが使っているメディアサービスや、有名広告代理店や、アパレル会社・ラグジュアリーブランド
などなどなど


どうやって、そんな仕事を広げることができたのか?
その秘密は「デジタル」だ。

自分は、芸術の才能もないし、いいコピーを書く才能もたぶん無い。
いわゆる伝統的な広告クリエイティブの才能は、まーほどほどで悪くはないと思うけど、
間違いなく凡才だと思う。

そんな奴が、業界の見晴らしのいいとこに行くには、
何か違うスキルが必要だ。
それが「デジタル」だった。

たまたま大学時代、一生懸命ホームページとか自力で作ったりしてて
デジタルには興味もあったし、好きだった。

広告業界では、デジタルを使った企画のニーズがどんどん増えていた。
しかし、デジタルに詳しい人はまだ少ない。
だから、デジタルという切り口で少しでも上の舞台に立つことを常に狙った。

ブロードウェイの舞台に「主役」として立つより、「脇役」の方がまだ入りやすい。
たとえ「脇役」でもブロードウェイの舞台には変わらない。
そこでブロードウェイの本場を学ぶことで、得られるものは大きい。
とにかく、どんな脇役でもいいから「ブロードウェイ」に立てるもの。
それが自分にとって「デジタル」だった。

結果、今の外資系広告代理店にも転職できた。

どんな仕事でも上を目指すなら、できるだけ業界の中心や最先端に近い場所、
つまり「見晴らしのいいところ=バニシングポイント」に立つ方がいい。

しかし正面出口から入れる人は少ない。だから脇からでも入る方法を模索する必要がある。
そこに気がつけたのは大きかった。

長くなりそうなので今日はこれでおしまい。
次回は「スキルはかけ算」ということについて書いてみます〜えへ。
posted by 107gou at 23:40| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

ブランドづくりをブログにしてみることにした

最近、ブログを書かなくなってわりとひさしいが、
ちょっとテーマを変えてブログを再開してみることにしました。


ご存知の方はご存知と思いますが、
現在、東南アジア向けのファッションブランドをスタートさせるべく
絶賛準備中です。

色々進めているのですが、
はじめての会社登記
はじめてのファッションデザイン〜服作り(それも若いギャル向けw)
はじめての自分で金を払ってやるファッション撮影
はじめてのいろいろ

もう初めてづくしで色々大変なのですが、今の時点ですでにめっちゃ楽しいです。
とは言え、色々学ぶことも多いので、それをここに残して行って、
いつか同じようなことを考える人がいたら参考になればと。。

主に語るテーマは
起業について(会社ってどうやってやるんだとかをお勉強したり、経験した話を書いて復習する)
アジアビジネスについて(特に東南アジアとか)
ファッションブランドについて(ファッションブランドってどうやって作るの?とかファッションについて)
メディア・ITビジネスについて
その他色々教わった事とか、働き方について


ちなみにこのブログ本体は、
今まで私が、自分の好きなもの(音楽、映画、ファッション、その他)を取り上げたりしているだけの
ブログでした。

新しいブログをたちあげず、あえてここで継続するのは、
せっかく今まで残してきたコンテンツ達なので、このブログを訪れる人も
まーアーカイブ見てもらって、楽しんでもらえればと思ってです。

まだ会社員でもあるので、もろもろ利害関係の都合上、当面は匿名?でいきますが、
いずれ実名も考えます(覆面レスラー系)

基本、ソーシャルメディアには連結させますので、ぜひコメントやご意見を頂けると喜びます。
ということでよろしくお願い致します。
posted by 107gou at 09:32| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランドづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。