2009年03月10日

【ニュース107号特捜部】不動産情報サイト「SUUMO」カットーオーバー

2009y03m10d_171041806.jpg


さて、またまた仕事の話ですいません。
リクルートの不動産・住宅サイト「SUUMO」。
ベータ版がカットーオーバーされました。
(相変わらず、ようわからん名前はなんじゃ、という
ツッコミは置いておいて(笑))

リクルートの不動産・住宅サイトSUUMO


一応、夏くらいには本格稼動すると思われますが、
賃貸から、戸建まで色々総合サイトになる予定です。

まぁ現在、住宅情報naviというのはありますが、
やはり情報誌の「住宅情報」のWEB版って感じでした。
いよいよ、情報誌→ネットの流れも加速しますね。


と言ってたら、寂しいニュースも報じられております。


リクルート「就職ジャーナル」休刊、ネットに移行(asahi.com)


うーん、自分が就職活動をしていたときも、
お世話になったし、ジャーナル編集長にも面接していただいたモノです。
まぁ仕方ないのかな…

B-ingなんかに比べると読み応えあったのにね。
cafegroove浜田社長にも言われたのですが、
メディアというのは生き物だなーと実感。

2009年02月12日

【ニュース107号特捜部】上海でダフトパンク詐欺事件!?

duftpunk.jpg



かなりオモローなニュースが…

上海で Daft Punk の架空のシークレットギグを
ネタに大規模なチケット詐欺事件が発生!
(CYBERJAPAN NEWS)



詳細は上記ニュースから見ていただきたいのですが、
かなりウケますね…

シークレットなのは
「それがダフトパンクらしいからさ」とか
その後、
「dafthidden.com」なんて被害者の会みらいなサイトが
立ち上がったり(笑)。

まぁそれだけダフトパンクがもはや世界的スターな証拠ですね。
でも、マイコーやマドンナじゃ成立しなかった事件ですね。
覆面など匿名性の高いユニットがゆえですね。

それにしてもあっという間に売り切れるとは。
今、時代がダフトパンクに吹いていて、
似たようなのが多すぎるね。

彼ら自体はファーストアルバムの時から
そんなに変わってないし、昔からかっこよかった。

でも、追随者であふれる
グローバル時代の文化の均一化の怖さをすごく感じる
アーティストです。

2009年01月27日

【ニュース107号特捜部】リクルートから「仕事観」出検索する就職サイト「はたらいく」オープン

xn_logo_xnet.gif



株式会社リクルート
(本社:東京都千代田区 代表取締役社長兼CEO:柏木斉)は、
2009年1月26日、地元で働きたい求職者と
地場の中堅中小企業をマッチングする総合求人サイト
『はたらいく』(http://hatalike.yahoo.co.jp/)を開設します



さて、ご存知、この景気不況ですが、
人材サービス業界はあの手この手で突破口を狙っています。
その中でリクルートが売ってきた一手はコレ。

実際に、中小企業のクライアントの採用のお手伝いなどを
やったことがあるのでわかるのですが、
リクナビNEXTやen japanなど大型の転職サイトに
お金をかき集めて掲載しても、大手にたくさん流れてしまう。

しかし、世の中には色んな「仕事観」を持っている人がいて、
そこをちゃんとマッチできるキーワードや情報を
しっかりのっけてあげれば、町の小さな会社でも
人はその会社で働きたいって動いてくれるんですよね。

今、転職サイトってあふれかえってますが、
実際その多くが、百人百色の「仕事観」に
応えた情報提供ができているのか?
たぶんフォーマット化されすぎて、
掲載ワクを埋めるだけのサイトでは無理でしょうね。
どういうメディア設計してるんじゃーってサイトも多いし。


そういう意味で、転職サイトの細分化は進むのでしょうね。
例えばアパレル業界行きたいのに、
自動車メーカーの情報なんて提供されても動かないでしょうしね。

やはり個人的に成否をわけるカギは、
地方転職の魅力をどう掘り起こせるのか?
そこに興味ありますねー。
引き続きウォッチしていきます。


※ちなみに昔、新規事業コンテストで、
こういう地方転職のサイトを提案したんだけどな…
採用してくれればいいのに…まだ事業プランが甘かったか…


リンク:
「仕事観」で選べる新サイト、中堅中小企業への転職を支援 『はたらいく』 スタート! (リクルート ニュースリリース)

2009年01月22日

【ニュース107号特捜部】ボーイジョージ刑務所へ。


pic_rollingstone.jpg

まぁボーイジョージなんて知ってる人も限られていると思いますが、
80年代にそのユニセックスなキャラクターとルックスで、まさに一世を風靡した
カルチャークラブのボーカルとして活躍した方です。
(あ、男性です:笑)


90年代に入り、お約束どおりの没落して
ロンドンのクラブとかでDJなど、アングラな世界に消えていったと
思いきや、カマしてくれますね…

最初、コカイン所持で、マンハッタンの地域奉仕活動をしていましたが、
今度の罪状も凄い…


2007年4月、ボーイ・ジョージは、イーストロンドンにある自宅アパートに、
ネットで知り合った29才のノルウェー人男性に400ポンド(約6万円)で写真のモデルを依頼。
裸にして写真を撮影した後、手錠をかけベッドに拘束した上監禁し、
金属製のチェーンで殴打した

そうです(凄っ)

さすがに、15ヶ月の禁固刑だそうです。
刑務所に入ったら確実にヤバイな…この人。



まぁそんな方ですが、80年代のイキオイは、ものすごーかったらしいです。
80年代の音楽を幼い頃に聴かされていた身としては、懐かしいのですが、
せっかくだし、紹介でもしときましょか、代表曲を。

80年代のヒットシリーズとかになると絶対紹介される
「まさに80's」って感じの曲です。
※個人的には、どっかのバンドがスカパンクバージョンとか
カバーしてくれないかなーって思ってます(笑)

●Karuma Cameleon / Culture Club




2008年12月08日

【ニュース107号室】クリスチアーノロナウド、バロンドール授賞式。

20081208-00000008-jijp-spo-view-000.jpg


めずらしくサッカーの話題です。
というか、編集長はサッカーが超好きです。
ジョシ的にあまり盛り上がりにくい話題なので、
あまり取り上げないだけで。


そんなジョシもきっと騒がせるであろう、
現在、おそらく世界最高のフットボールプレイヤー
クリスチアーノロナウドが、世界最優秀選手に贈られる
バロンドールを受賞し、先日授賞式が行われました。
という写真です。

うーん、なんというかトロフィーの輝きがもう象徴してますね。


クリスチアーノロナウドは、ポルトガルの離島出身の
1985年生まれ23歳。

2003年にベッカムが抜けた後のマンチェスターユナイテッドに入団し、ベッカムが着ていた栄光の背番号7番を引き継いだオトコです。

とにかくボールさばきがうますぎる、神の領域ですな。

で、見ればわかるけど、甘いルックスに
世界一セクシーなスポーツ選手にも輝いたそうな。

というわけで、結構サッカー好き女子にも人気の選手であります。
もうベッカム様とか言ってる場合じゃありませんよー(って誰?)


そんなクリスチアーノロナウドのお宅訪問の番組が
YouTubeに落ちてました。




いーなーこんな家あったらいいなー。

そんな天性の才能を持つロナウドですが、
練習の虫と言われるほどの努力家で、
コンディションを保つため酒も一切飲まないそうです。
(代わりに女性関係のゴシップ的なのはたまにあるけど:笑)

やはり天才とは 天性の才能+磨き上げる努力
があって生まれるものなのですねー。

というか磨き上げられるからこそ天才なのかもしれん。

2008年11月04日

【ニュース107号特捜部】ハンバーガーにも黒船

「日本のハンバーガーよ、もう遊びは終わりだ」

そう称して、アメリカより登場した黒船

リアディゾン…

じゃなくて、QUARTER POUNDER(クォーターパウンダー)

k1417507442.jpg

アメリカじゃ人気のハンバーガーチェーンらしい。

index01.gif


と、コイツを取り上げたのも、
編集長、日曜に表参道行ったんですが、
旧マクドナルドの前にめっちゃ人並んでるのよー。

みんな食べてたよ。
H&Mもそうですが、ホントはしたないから
やめなさいって…って思うww

言っちゃ悪いが、並んで食うものじゃないだろー。

そんなことはともかく、
思いっきり「アメリカの本場バーガー」という
差別化で勝負するらしい。

ハンバーガーの代表格マクドナルドは
藤田商店時代から、
徹底して日本へのローカライズ戦略で
ここまで定着してきた。

さらに日本発のハンバーガーチェーン達
(フレッシュネス、モスなど)もしのぎを削っている。

あえて、思いっきりそれを否定して
合わせに行かない戦略もおもしろい。

確かに、海外でバーベキューグリルで焼いた
肉汁滴る手作りのハンバーガーのおいしさは、
フレッシュネスのクラシックバーガーくらいしか
近しい味がない。

そこに踏み込めたら勝機はあるだろうなー。


ただ、スピーディーな展開なのか、
あの内装はないぞー(っておやじギャグじゃないよ)
マクドナルドの店内を赤と黒で塗りたくっただけじゃねーか。

あそこのエリアは、ハンバーガーを食べたいっ!より、
休憩スポットの要素が強かったから、そこらへんを
どう攻めていくかが表参道店の勝負どころでしょうなー。



yd_burger.jpg


【関連リンク】

QUARTER POUNDER(クォーターパウンダー)

2008年10月23日

【ニュース107号特捜部】ガンズとうとう新作発表!


いやー何年待たされただろう?
15年ぶりくらいのニューアルバム。

幻過ぎるアルバムですが
いよいよ世に出るそうです。


ガンズ・アンド・ローゼズ
「チャイニーズデモクラシー」
11/22リリース!


今回は本気な証拠にジャケット写真まで公開されています

300.jpg

うーん、なんだか微妙なセンスだ…



なんのマークか知らんが、こっちは笑えるよ


無題.bmp





一時期、ハードロックじゃなくて、インダストリアルサウンドに
変化した、とか言われてたけど、
果たして今はどんな音になってるのやら…

とは言え、ロックと言えば、ガンズですよ。
エアロスミスやローリングストーンズもお爺ちゃんになった今、
ロックらしい、たたずまいを持った最後のバンドとして
本当にがっかりさせないことを祈りたいなぁ。



オイラ的には案外普通のロックなんじゃないかな?って
予感がするけど…

2008年08月04日

【ニュース107特捜部】スケボーキング活動再開!!!!



SBK1.jpg

いやーキター(山本高広風に)

スケボーキングことSBKが4年ぶりのシングルリリースです。
ってか、覚えてるスケボーキング?

2000年くらいに結構ブレイクしました。
2MCのラップがおもしろい、ミクスチャーバンドながら、
ゴリゴリのパンク系とは違って、
なんだかバンドっぽくない音がおもしろいバンドでした。

オイラは結構大好きで、ライブとかも
見たりしたよー。

そんなSBKのニューシングルは、
なんと坂本龍一のヒット曲「BTTB」を
サンプリング!

過去にも小田和正とかをサンプリングした「TOKYO LV」など
ありましたが、
この路線でいくのか!?


とりあえずYouTubeから拾ってきたYO

Enaergy Train / SBK





このフロントマンのSHIGEO氏なかなか
おもしろいセンスをお持ちの人で、
ラップやってるのに
「目指すグループはマッシブ・アタック」とか
弟のレイモンドと、SAMOSやmoldってエレクトロなユニット組んだり。
ここ最近は東京のクラブシーンに出没してましたね。

スケボーキングのアホっぽさも好きだったのですが、
この新曲は至ってマジメ。
いやーでも嬉しいな♪

あの頃、大学生でしたが、
よく聴いてたなぁ。



ちなみに弟のレイモンド、
クラブシーンじゃ結構有名です。

おもしろいことに、
オイラがオシャレだな、と思うある女の子2人
(2人はまったく知り合いじゃない二人です)が、
それぞれ同じ日に同じパーティーで彼のDJ見て、
「レイモンドかっこいい!」って
それぞれの日記に書いててウケた(笑)。

まぁその二人がかっこいいと言っていたので、
ちょっと気になっております。

2008年07月18日

【ニュース107号特捜部】Shibuya FranFranオープン!

0718_open.gif


※スペル、間違いまくってますね…アホすぎる自分への戒めを
こめて、そのままにしておきます(笑)
以前、渋谷パルコにあったフランフランが復活!

入居していたビルの耐震構造の問題で、
ビルのテナント(パルコごと)撤退して、
一体どうなる?と思ってたら
いよいよまたオープンですね!


気がついたら、フランフランって、
超メジャーになってた。
パルコ内から、宇田川町の人通りが多いエリアという、
路面にフラッグシップショップオープン!
というのも勢い感じますね。

自分もよく小物とか見に行ってました。
同時にフランフランで色々見ている女の子の客層も
好きだったというのもありますが(笑)。
デートとかで、小物を見て回るなんてのも結構良いと思いますよ。
世の男子諸君。

フランフランのデザインって、
ネオクラシック系ってカテゴリーなんだね。


ちなみに場所は、コチラ


franfranshibuyamap.jpg


【関連リンク】

SHIBUYA FranFran

【ニュース107号特捜部】つづきは雑誌で…東京ウォーカーの試み。


雑誌の販売部数が落ちてるとか、
ここ最近で一番買わなくなったのは女性誌とか
イロイロ言われてますが、
そんな矢先、こんなニュースが…


東京ウォーカー、情報誌初の「ウェブファースト」実現へ
「街・エンタメ」に着目したニュースとブームをインターネット先行で提供(角川クロスメディア ニュースリリース)



“速報はインターネットで、また掘り下げた記事は誌面で”
という方向性を、東京ウォーカーとウォーカープラスで
やるそうです。


今自分も仕事でよく取り組んでいるのですが、

メディアからメディアへ、消費者を誘導していく
メディアミックスプランニングが、本当に重要に
なっている。

どういうことか、というと

<テレビCM流しました!>

<みんなCM見るから、消費者はコンビニに行きました>

<よくわかんねぇけど、売れたからいいっしょ>

では広告屋さんの仕事は、通用しないということです。


雑誌とかも
<雑誌で、○○特集やりました!>

<本屋で見てたら、買ってくれました!>

<特集通り売れました!>

のようなシンプルな形は通用しないってことですわ。


AIDMAとかってマーケティング用語でいうけど、

・消費者に「発見」してもらうメディア
(ネットで見つけるとか?街でイベントとか?まぁCMとか)

・消費者に「興味」を持ってもらうメディア
(詳しくはWEBでとか?)

・消費者に「欲しい」と思わせるメディア
(その商品の街の声とか、かなぁ)

などなど、その消費者の行動心理にあったフェーズごとに
メディアなどの複線をはるというか。

まぁオイラがさも発見したかのように、
いばって言うほど特殊なことじゃないです(受け売り?)

広告・マーケの人なら普通に、そういうグランドデザインは
描いていると思いますが…

電通も、
CMは「発見」と「ネットへの誘導」
ネットで「その詳細を」
という流れを戦略で徹底しはじめてますね。


そんな視点で、イロイロ考えるとおもしろいですよ。

余談ですが
最近おもしろかったのが月9ドラマ「CHANGE」では、
結構スポンサーを意識した宣伝がドラマ内にちりばめられています。

例えば、主人公で、キムタク演じる朝倉啓太の愛車はプリウス。
劇中に「環境に優しいからプリウス乗ってるんだ」みたいな
セリフまで…
もちろんスポンサーにはTOYOTA様がいます。
あと出演者の加藤ローサも、その時間に流れるCMに出るなど。

うーむ、イロイロおもしろいですねー(結論、それ!?)







2008年07月02日

【ニュース107号特捜部】イタリア人がOKでも、日本人はダメっ!


さっそくオモローなコネタ的ニュースを見つけたので。


<落書き>伊紙「あり得ない」 日本の厳罰処分に
(毎日新聞)


なんか、世界遺産登録地区にあるイタリア・フィレンツェ市の
「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」に
日本人の落書きがあいついで発覚しているらしいです。

んで、高校の野球部監督の解任に、
イタリア人がびっくりしている、という話。

これって、罰が厳しいか厳しくないかって話の前に
「日本人の品格」の問題な気がする。
別にそこまで罰する必要はないかもだけど、
海外の財産、いや世界遺産なので、世界の財産に
落書きしたことに対し、イタリア人がびっくりするくらい
己を罰する日本人って俺、すごく清廉だと思うぞぃ。

これが日本人の誇りなんだと思うっす。
イタリアから怒られなかったから、OKじゃねーだろと。

というかこの野球部監督、30歳だよ。
30歳にもなって落書きとか、マジアホかっつー話。
あんまりブログでこういう事書いちゃアカンけど、
ほんと、反省してほしいですよね。

前に海外旅行客で
日本人が一番評判がいいって話を取り上げたと思うのですが、
そういうマナーって日本人の数少ない美徳で、
世界で日本人が誇っていく価値なのかもしれないので、
そういう価値を汚す人は、徹底的に正すべしだと思いますね。

ホント、そういうリスペクトとかないのかね、この人は。

ってか、イタリア人も
「そこまでしなくても…」っていう態度が(笑)
確かにイタリアの街は汚いです。
ローマとか特に。タバコはポイポイ道端に捨てるし、
落書きとか書いてあるし…

でも、まぁイタリアの国にあるものは、
イタリアのモノなので、よその国から来て、
落書きはちょっとお行儀が悪いね。


ちなみに、シンガポールもそういう厳しさと清廉さってのを
持っている国なのかな〜って思います。
(というかやりすぎだけど)
あれも、ある意味 シンガポール建国の父である
リークアンユー元首相の「品格」なんだろうね。
だから、あれだけ高度な国になったわけだし。

2008年06月11日

ニュース107号特捜部】他社の旅行パックも紹介します、H.I.S.

て、H.I.S.の回し者みたいなタイトルですね(笑)。
さて、前から取り上げようとおもってたら、CMでも流れ始めて、
「イマサラ」な感じの投稿です。


中尾彬、池上志乃夫妻をCMに起用して、
「他の旅行会社の旅行だって紹介しますYO」と。

えーそんなの儲からないジャン!って言われそうですが、
これは立派な戦略ですよね。


◎「とりあえずH.I.S.」という流れを作り、
「旅の総合窓口」になる

◎それによって、消費者の声のデータを集める絶対数は増える。
そして従来、H.I.S.に来なかったカスタマーの声も集めやすくなる

◎「格安旅行」というデフレ時代型企業から、
「高顧客満足度」企業へのシフトチェンジを可能にする。


非常にクレバーだと思います。
もともと、H.I.S.のBPの中の、コアバリューって
「格安」って価格面と、
消費者との接点となる窓口サービスだったと
思うんですよ。

商品企画力だったら、
JTBとか大手のほうがずっと力あると思うし。

だから、そういう意味では至極まっとうな戦略だと思います。

非常にクレバー。
シンプルで「別に当たり前だろ」と思うかもですが、
でも実に緻密で、高度だと自分は思うのですが。

2008年06月10日

【ニュース107特捜部】TOTO 活動終了。


って、便器メーカーじゃありません(笑)
80年代から活躍するベテラン・ロックバンド。

なんかセッションミュージシャンが集まって、できた
とにかく演奏も歌も、すべての能力が圧倒的に高い。

80年代のこういったバンドは多くて、
ジャーニーとか、Starshipとか泣きのメロディに、
大袈裟なアレンジで「産業ロック」なんて揶揄されましたが、
ベテランのいぶし銀的な王道ロックもまた良いものです。

たまに、都会の夜で、お酒片手に浸りたい時に、
なんかいいのかも
(そんなことはしたことがありませんが…)


さて、その代表的バンドTOTOが活動終了だそうです。
もうヒット曲も満載のバンドなんですが、
理屈抜きでメッチャいいです。
イケてないけど、曲は超いいです。

ちなみに「解散」ではなくて「活動終了」。
いわゆる寿命ってやつでしょうか。
こういうとこも職人バンドっぽいのよね。


TOTOってなんだよって人のために大名曲を連続で

Rosannna / TOTO




もうTOTOの代表曲というより、80年代には絶対欠かせない、
超超名曲ですよね。(超を2回繰り返すくらい)

やばいよねー。シビレル。
これ、下手くそだと、こういい感じにならんよ。
リズムとか微妙に難しいよ。

このビデオクリップのスタジオってわかる80年代っぽさもたまらん。

ではもう一曲。

Africa / TOTO



これは超ヒット曲です。これも80年代の代表曲でもあります。
ちなみに1982年!!!時代感じるね。


余談ですが、宇多田ヒカルも実はTOTOファンらしく、
タワレコにひっそりベスト盤を買いにきたなんてタレコミありました(笑)
宇多田ヒカルの普遍的なメロディの原点にTOTOがあるのかな?と
思うと妙に納得です。
ぜひR&Bシンガーなどにもっとカバーしてもらいたいとこです。


んで、個人的に思い入れのある曲はコレ。
PVも作られていない曲ですが、95年の曲。

The Other End Of Time / TOTO




これは海外で良く聞いてた。
オーストラリアの夕方のビーチとか、
カナダのハイウェイとか。

超いいぜ。


【関連リンク】

無期限の活動休止を宣言していた米ロック・バンド、TOTOが
活動の終了を正式に発表(bounce.com)

2008年06月09日

【ニュース107特捜部】『ジャパネットおかま』逮捕

別に「特捜」するほどでもないですが、
むしろ「コネタ」系ですが

このニュースにうっかり笑ってしまった…

「ジャパネットおかま」で海賊版販売 男2人を逮捕(ITmediaニュース)

他にも「エムズナルド」「ONEOS」など色々な名義があったみたいですね。
なかなかオモローです★

一発で笑えるもんね。

やり方が悪かった、でもネーミングのアホさは◎
(不謹慎ですかね…)

2008年06月04日

【ニュース107特捜部】ZEEBRA、MTV VMAJに怒る!?

うーん、なんか突然振って沸いたニュース、どうなんでしょうね。
ってここで書くのもどうかと思うが、
関心を持ってる人も多かったので、整理含めて取り上げてみます。

5/31にMTV Video Music Awardがあって、
同日にZEEBRAがYou Tubeにこのビデオを投稿しました。




うわーすっげー吼えてる。コワっみたいな。

なんか、アタマくることがあったらしい。

んで、次の日に
こんな動画もアップされました。
どうやら手打ちでもあったみたい。




はて、どうなんやろね?
詳しいことわかんないから、いい加減なことも言えないけど。

まぁオイラも、MTVってオレの知ってるMTVと大分変わったなぁ…って
思います。

それで、ジョージ・ウイリアムスみたいなVJも去っていったわけだし。
VMAJも含めて、賛否両論が出るのも当然だろうと思います。


ただ、

◎やっぱり音楽とか好きでがんばってるMTV人も多いだろうし
◎MTVの日本でのあり方、という意味ではひとつの解釈としては
正しいだろうし
◎10年前くらいのMTVファンが持っていたであろう、
洋楽至上主義というのもよくないだろうし

◎ジャニーズにまみれたクソマスコミに比べると、
若者ターゲットには、納得できる
メジャーのスタンスを見せてくれてるのも確かだろうし。


だから、がんばってもらいたいなーとは思います。
コンボイ君が徹夜でがんばってるのも聞いてると一層、思う。

だけど!


YouTubeの動画を消すな!!!不祥事の企業みたいだぞ(笑)

いいじゃん、建設的な議論として
堂々と見せてやっても、恥ずかしくないよ
まぁスポンサーからみとか色々あるのかもですが。


個人的に一番思うのは、
MTVが、「僕達イケてるよね」的な
芸能ノリにならないことを祈ってます
ってとこでしょうか。




ZEEBRAについてはコメントしません。
この方は、怒っているときも本気で怒っているのか、
それともメッセージを伝えるためのパフォーマンスなのか
わからない方だと思っているので。

そういう意味では、(良い意味で)政治家的で、
自分の立ち居地を客観視していると思う。
だから今回もどうなのか?

2008年06月02日

【ニュース107特捜部】リュック・ベッソンの携帯テレビ事業

ヨーロッパ・コープ、携帯テレビ事業を始動(Variety Japan)



リュック・ベッソンの会社のEuropa Corp.が
携帯メディア用のテレビチャンネル、EuropaCorp TVを始動させ、
”モビソード”と呼ばれる携帯メディア向けの短い番組や
メイキング映像、ニュースなどを提供するそうです。


さらに若い映像作家の活躍の舞台にもするそうです。


ふーむ、なるほど。

自分は、リュック・ベッソンの作る映画などの
世界観が結構好きです。
さらにもっと興味深いのが、
リュック・ベッソンという人は、映像クリエイターにとどまらず、
メディア・プロデューサーとしての顔も持つ、視野の広い人だなーって。

Taxiシリーズ、ヤマカシ、ジェットリーを出したフランス発カンフーアクション
などのプロデュースや、

日産(だっけ?)のCM用の映像など。


リュック・ベッソンはカーチェイスなど、
スピードを生かした動く映像を
撮るのがすごくうまい。

たぶん、スピルバーグに匹敵する
(なぜスピルバーグと比較するのかようわからんが)


近々、リュック・ベッソンを特集したいと思います。
我こそはリュック・ベッソンファンという方は、研究の会合に参加してください…

メールはyoichi.nishikawa★gmail.com
★はあっとまーくね。

条件は、リュック・ベッソンについて熱く語れること、か
興味ある程度でOK。
レオンか、グランブルーくらいは見ててほしいな。

【ニュース107特捜部】イブ・サンローラン死去


だそうです。

世界的デザイナー、イブ・サンローラン氏死去(イザ!)


数年前に、最後のコレクションを出してファッション界から
引退していたので、すっかり忘れていましたが、
超偉大なデザイナーですよね。

最後のオートクチュールデザイナーかもしれません。


自分も含めて、一般の人間には
あまり縁がない(気がする)イブサンローラン。

トムフォードがデザインしていた
イブサンローラン・リブゴーシュの方は
まだ違うかもですが、ご本家のオートクチュールの方は
もはや「文化」の世界ですから。


イブサンローランの功績として、
「20世紀の女性像にあったファッションの提案」
があると言われています。


今では当たり前になっている、
女性のパンツスーツ。
女性のはくものは、スカート、と言う時代に
タキシードルックや、パンツを提案して
より社会に出てきた女性のライフスタイルにあった
ファッションを提案したと言う意味で、
20世紀を象徴するファッションを
作った人かもしれませんね。

Rest In Peace

2008年06月01日

【ニュース107特捜部】押入れに知らない女が住んでた!?

Yahooニュースになんともオモローな話。

知らない女、天袋に住み着く!? 住居侵入容疑で逮捕 粕屋署(Yahoo ニュース)


福岡県警粕屋署は28日、同県志免町の男性(57)宅に忍び込んだとして、
住居侵入の現行犯として住所不定、無職堀川タツ子容疑者(58)を逮捕した。
押し入れ内の天袋にマットレスを持ち込み、生活までしていたという。

 同署によると、男性は1人暮らし。
以前から家の食べ物がたびたびなくなることを不審に思い、
人影に反応すると画像が携帯電話にメールで送られる仕組みの
警報装置と監視カメラを室内に設置。
この日午後2時すぎに外出すると、十数分後に不審者が写った画像を受信した。
男性の110番通報で署員が駆け付け、天袋に隠れていた堀川容疑者を発見。
午後3時10分ごろ現行犯として逮捕したという。
いつから、なぜ住み始めたのか調べている。



かなり珍ニュースですねwwww


編集著的にオモローだったのが、

◎以前から食べ物がたびたびなくなることを不審に思い 
→笑うしかないけど、結構コワイ(笑)

◎人影に反応すると画像が携帯電話にメールで送られる仕組みの警報装置
→そんなハイテクなものがあるのか!?ってことにオドロキ

◎無職堀川タツ子容疑者(58)を逮捕した
→58歳だと、ちょっとドキっともしない…(失礼)


これ、若い一人暮らしの男の都内のマンションに、
なぜかOLとかがウォークインクローゼットとかに
住んでたら、できそこないのオモローなドラマ話にならないかな(笑)。

2008年05月28日

【ニュース107特捜部】角川とYouTubeの提携。

2k1u7d00000234cb.jpg


角川は、マトモな考えを持っていた…
コンテンツの世界の、北風と太陽ってとこでしょうか。

というか、普通そうだよねって話。


角川がYouTubeと新ビジネスをスタート(Variety Japan)




今まで、YouTubeに自社のコンテンツが出たりしたら、
削除要請を行っていた。

でもこれって、結局いたちごっこで
削除したら、またアップの繰り返し。


なら、著作権者さえOKなら、広告つけて稼いじゃえと。
すごい安易に言いましたがそういうこと。

ってか、普通にそう考えるよね。
コピーコントロールとかやってる、
どっかのバカ会社(あえてそういいます)も
少し見習ってほしいですね。


ちなみにNHKさんも動き出しました。



まぁ広告収入を得られないNHKは、この点ツライ。

NHK、YouTubeで公式チャンネル試験公開 著作権保護ツールの実証実験も
(IT mediaニュース)



でもねー、違うんだよなー。著作権保護ツールというより、
いかに著作権侵害を侵害にしないで、利益をあげるかとかじゃないかな。

おそらく、そもそも著作権ってなんだろう?というのを
新しい時代に合わせて考えたほうがいいような気もする。

【ニュース107特捜部】マルタン・マルジェラがパクリ!?

LA TIMESの記事にこんなモノが出てました


どうやら日本のファッションニュース系ブログなども、
ちょっとにぎわしています。


Martin Margiela horse tee carries $1,395 price tag
(Los Angels Times)


マルジェラの新作のTシャツが、
アメリカ人のアーティストDavid Penfound氏の作品を
描いたTシャツに酷似しているというのですわ。

んじゃ、さっそくその問題となった2つのシャツを



39165051.jpg

こっちがマルジェラ


39165026.jpg

こっちはPenfound氏の。



うーん。馬の部分は似ているような…
というか、北欧の様式美メタルバンドみたいなトーンって
どこでも、ある気がするけどな。


で!で!107号室的に、気になったポイントを。


【その1】報道してきたのがアメリカの新聞LA Times
【その2】マルジェラ$1395のシャツを買うなら、$20で売ってますと主張
【その3】今回問題になったのがマルジェラだということ

です。


まずマルジェラはベルギー人で、アントワープ出身のデザイナー。
実際にマルジェラの服を手にしたことがある方ならわかると思うのですが、
「なんで、こんな服がこれだけ高いの!?」って一瞬思ってしまう、一見地味なつくりです。

でも非常にディテールに凝っていて、外にアピールするためのわかりやすい装飾ではなく、
服そのものの価値を高めるような、ある種「通」な服が多いです。
(個人的印象ではありますが。)

それをマルジェラというデザイナーと対極にあるLAの新聞が取り上げたこと。
そして、それを柄が似ているからと、原宿の竹下通りにでも売ってそうな
カスTシャツの$20で買えると報道したことは、
ある意味ファッションへの冒涜だな〜って思っちゃいます。
柄だけがファッションじゃねーぞ!って★
(ユーモアもあると思うので、別にそんな目くじらたてるほどでもないのですが)


日本を代表するあるコピーライターの方が
「インターネットやグローバル化で、昔に比べて、
情報に対して各個人に、ある程度共通認識や、
感じている印象というものができあがっている」
ようなことがおっしゃっていました。

Penfound氏のような北欧メタルみたいなイラストは世の中にあふれているし、
結果的に、この作品をどこかで目にしてしまうこともあったでしょう。

日々のちょっとした記憶の断片から、クリエイティブが生み出される…
と、無意識にうちにパクリが生じてしまうこともある。

そんな怖さを感じてしまいました。


まぁ個人的には、
「マルジェラほどのデザイナーにパクってもらえるなら光栄」
くらいの余裕を見せてくれた方がカッコイイと思うけどなー。

別にそんな実害無いと思うし。


【関連リンク】

マルタン・マルジェラ(wikipedia)


Martin Margiela horse tee carries $1,395 price tag
(Los Angels Times)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。