2011年04月27日

【クリエイター's File】Nick Kinght 〜ショッキングだけど新しい美の創造者〜

気になる仕事をしているクリエイターをピックアップする
クリエイター特集。

意外に淡々とやります。
さて、今回もまた大御所です。
もう知る人は知っていますね。
世界的フォトグラファーのニック・ナイト(Nick Knight)。
1958年イギリス生まれの彼は、これまでに
マックイーン、カルバンクライン、ヨージヤマモト、クリスチャンディオール、ジルサンダーなどの
ファッションブランドから、メルセデスベンツやアウディなどで先鋭的なビジュアルを生み出しています。

「フォトグラファーは社会の変動を写すものだと言われる。しかし、ぼくは違う。ぼくは社会の変動を引き起こしたい」
とおっしゃるだけあって、美とは何か?を投げかける物議を醸すヴィジュアルを生み出してきた方です。

わかりやすい例がこちら

スクリーンショット(2011-04-27 23.15.08).jpg

1998年に、雑誌「Dazed And Confusion」に掲載された義足のモデル、エイミー・マリンズを起用。
これ、高校生の時に見た記憶あるよー。
美しいってこういう考え方なんだなーって学んだもん。まさかNick Knightさんだとは。

さらに1995〜1996のリーバイスのキャンペーンでは、
あえて老人のモデルを起用

スクリーンショット(2011-04-27 23.27.13).jpg

といった話題性を打ち出していきました。

自分的にNick Knightすげーって最初に思ったのがこれ。
ケイトモスを起用したディオールの広告。

スクリーンショット(2011-04-27 23.19.36).jpg

これ、おもしろいなーって思ったのが、
背景がボケていて場所すらわからない。
その分、商品であるバッグにしっかりフォーカスされていること。
従来のファッション広告って、世界観重視で商品はその世界観の中の一部的に
写っていたところも多い中で、このアプローチは非常に興味深いなーって。
ボケ方がかっこいい!!!!あるようでなかったアプローチ。

あと人気モデル、デヴォン青木を起用したこれを見たことある人もいるのでは?

スクリーンショット(2011-04-27 23.15.19).jpg

もう意味不明だよね…強烈。
でも非常に美しいなーって思った。
正直、BjorkのHomogenicのジャケットににてるが。

さらに強烈なのがこれ
WARという作品

スクリーンショット(2011-04-27 23.14.52).jpg

そんな彼ですが、有名なグラフフィックデザイナーのPeter Savilleと一緒に
SHOW Studioというものをやっています。

そして映像なんかも結構作っています。
最近で有名なのは、みんなも見たことあるのでは?

●Born This Way/ Lady GaGa


このビデオも激的強烈ですね。
特にガイコツメイクのガガ様はハンパじゃねぇ。

グロテスクだけど逆に美って何?という挑戦は
マリリンマンソンのコンセプトに通じるものがあるね。
まぁ世界的大物ですが、メジャーでやってるのがすごい。
そもそも「美」って誰が決めたんだって話。
なんとなく「きれい」とか「かっこいい」って決めてませんかと。
でも価値観をずらせば色んな美がある。それを表現し、美というものの領域を広げることも、
クリエイターの役割なんだなということを、ニックナイトの仕事は教えてくれる。
posted by 107gou at 23:44| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめクリエイター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

【クリエイター's File】Mark Romanek 〜マイコーもマドンナもお手の物、中島哲也ばりの監督〜

気になる仕事をしているクリエイターをピックアップする
クリエイター特集。
久しぶりですが、ちょっとちゃんとやります。
今回は、ミュージック・ビデオ監督のマーク・ロマネク。

90年代を中心に様々なビデオを監督してきた方です。
特徴は、なんだろう、
この方、実に超完璧主義らしく、1ミリでもずれるとブチ切れるらしい。
曲が気に入らないと監督してくれないらしい。
そして、非常に絵画的な絵を作り上げます。
だからなのか、ロケよりも、密室的な感じの絵が多いですね。

彼の理想の美世界を完璧に生み出す。
なんだか中島哲也監督を想起させる。

さて彼の代表作をいくつか。

●Are You Gonna Go My Way / Lenny Kravitz

Lenny Kravitz - Are You Gonna Go My Way
アップロード者 hushhush112. - 他の音楽動画をもっと見る。

レニクラがめっちゃカッコイイこの曲。実にシンプルなステージ。
ロックのカッコよさを、余計なモノをそぎ落として追及した曲とマッチするねー。

黒人のロックというとこれも。

●Free Your Mind/ En Vogue


R&BグループのEn Vogueですが、アルバムとか聴いてて、明らかに際立ってド派手なロックナンバー。
オイラもアルバム聴いてて「なんじゃこりゃー!?」って。でもこのパワフルなファッションショー。
めちゃくちゃかっこいい。ここでもスタジオのみでの撮影ですね。

そして、彼の代表作と言えば、これ。
マイコーです。
世界一予算のかかったPVなんて言われた、あのマイコー&ジャネットの曲


●Scream / Michael Jackson with Janet


これまた宇宙船という特殊なシチュエーションの密室系ですね(笑)。
でもマイコーの撮り方が美しい。曲名通り、叫ぶシーンとかマイコーの怒りを表現している。
(余談ですが、この曲。バックコーラスはBoyz 2 Menというぜいたくさ)


もちろんスーパースターはマイコーだけじゃありません。
あの方とのコラボも多数。
●Rain / Madonna


意外と知られていないけど、おいらは隠れ名曲だと思うんだけどなぁ〜。
90年代のスタイリッシュ&アンダーグラウンドを追及したマドンナがすごく好きです。
一見普通にきれいなミュージックビデオと思いきや、ビデオ監督は坂本龍一という設定のビデオという
ひねくれたビデオです。黒髪ショートのマドンナがキュート。
一枚一枚構図をきちっと考えているよねぇ。

これもまた独特の世界観を出しましたね。
この人、本当に人間をキレイに撮るよねぇ。

自分の大好きなクリップも彼の仕事。
闇に紛れたエロス。まるで写真集のようなクリップですね。

●Criminal/ Fiona Apple


でもなにげに彼はNine Inch Nailsのファンらしく
そのクリップで結構いい仕事しています。

●Closer/ Nine Inch Nails


これも典型的な密室系。一つ一つのシーンが絵になってる。

絵と言えば完全に絵画的なクリップがこれ。
もうディテールの細かさにこれを見たとき、うなってしまった

●The Perfect Drug/ Nine Inch Nails


自分にとって完璧にかっこいいビデオであり、最高にかっこいい曲のひとつ。
監督も最高です。
トレントレズナーをこんなに退廃的にかっこよく撮った人はいるだろうか…
ぎりぎりB級なのもまた好し。


Nine Inch Nailsつながりで言うと、なんとこの曲も撮っています。
本人いわく「このビデオが最高傑作。これを撮ったからもうビデオを撮る必要はない」
とまで言わしめたビデオ。

●Hurt / Johnny Cash

Johnny Cash - Hurt (Video)
アップロード者 gatorcountryboy1. - 音楽動画をHD画質でもっと見る!

Nine Inch Nailsの痛みを感じる名曲を、まさかあのブルースなジョニー・キャッシュがカバー。
彼はこの曲を最後に、この世を去ります。
映画「ウォーク・ザ・ライン」でも知られているジョニー・キャッシュの一途でありながら破天荒な人生を
振り返るようなクリップは重厚でかつ深く心に突き刺さる最高のクリップのひとつです。


他にもすごい撮っていて、
「Faint」Linkin Parkや
「99 Problems」Jay-Z
「Speed Of Sound」Coldplay
などなど、非常に音楽の趣味のいい監督ですね。

音楽をちゃんとわかっている映像クリエイターです。
絵になるわー。
posted by 107gou at 22:56| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめクリエイター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

【クリエイターズファイル】vol.1 SIMONE


さっそく新ジャンル始動。音楽、WEB、ファッション、アート
なんでも気になるクリエイターをピックアップするコーナー。

超有名どころから、友人のクリエイターまで
取り上げていきます。


第一回目は、
ファッション系で有名なWEBクリエイターのSIMONE。
logo.jpg


イッセイミヤケで働いていたムラカミカイエさんを
クリエイティブディレクターとして作られた会社です。


主なクライアント・実績は
Duras Ambient
マキアージュ(資生堂)
ルイヴィトン
ヒステリックグラマー
アバハウス
ホンダ
ノキア
とかとかもっとあります。



特徴として、
WEB上に徹底的に「美しい絵」を実現するところ。

duras_woo.jpg


特にファッションブランドって、とてもエッジーなセンスを
ブランドにこめている。

そのブランドのデザイナーの脳内に広がる世界をどうやって
ビジュアルに落とし込むか?
ある種、ファッションクリエイターと
同じ共通言語を持っていないと実現するのは難しいと思う。


その点、このクリエイティブディレクターのムラカミ氏は
イッセミヤケ出身ということもあり、
「美的感覚」というのはファッションクリエイターばりに
養われているのでしょう。

自分もいつも思うのですが、
広告を作るときに
ものすごーくキレイな絵を作っても
「それってただキレイに作っただけで意味がないよね」
ってなりがち。

企業をアピールする広告では、
よりロジカルな納得感が求められる。

でも、すごくキレイな絵を作って
「よくわからないけど、好き」というのも
重要なのかなぁって思う。

ただそういった美意識と無縁のクライアントが大半の
ビジネスシーンでは、
「なんとなくいい」は理解されづらい
※担当者がいいと思っても、役員会議とかで
「なんとなくよくないですか?」では予算おりないしね


その点、ある意味、自分にとっては
とてもうらやましい仕事をしているクリエイター集団だと思います。

もっともこれはこれですごく大変なことだと思いますが。


あと、WEBについてなんですが、
最近のWEBって「仕掛けそのものがおもしろい」ことが重要視されて
いる気がします。

インタラクティブという言葉が生まれてから、
どんなオドロキであったり、FLASHとかでガチャガチャしてるような
モノが多発しています。

しかーし、
本当の意味で「一枚の絵」として美しいものを
どれだけ創り上げられるか?というのは重要なのかもしれません。

その点、未だ雑誌の方などは
写真一枚見ても、ほれぼれするようなモノを作ってきますよね。

誰もが『インタラクティブ』なんていいだした昨今のWEB。
次は「美しさ」にキーワードがあるのかもしれません。



【関連リンク】

SIMONE(WEBサイト)

SIMONEインタビュー(Public Image.org)
posted by 107gou at 14:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめクリエイター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。